ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

3人目を無事出産のはずが…まさかの激痛「胎盤癒着」で大号泣に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170319014211j:plain

3人目の妊娠は2人目の出産から2年後でした。

上2人は年子だったので、妊娠中はとても大変でしたが、2人目の出産は、高位破水からの促進剤使用で本格的な陣痛の時間は3時間ほどの安産。

微弱も含めたトータルの陣痛時間も初産の3分の1ほどだったので、助かりました。

そして、3人目はさらに楽になるものかと思い、期待していました。

3人目の妊娠後期の検診時には、「2年以内でしかも3人目なので陣痛が来たらすぐに生まれる可能性が高いです。気を付けてください」と言われていました。

37週と5日の朝におしるしがあり、家事を終わらせてから診療時間を待って病院に向かいました。

診察の結果、赤ちゃんの頭はもう準備万端のところまで下りてきてるから、念のため夕方まで入院して、もしもお産に繋がらなければ一度退院する、ということになりました。

そしていざ入院するととてつもない睡魔に襲われて、夕方までぐっすりと睡眠。

モニターを見ながらこの痛みで眠るなんてさすが3人目なんて言われながら、順調にお産は進み、夜の10時頃に元気な男の子を出産しました。

赤ちゃんとの初めての対面に感動している間、先生が産後の処置をしてくれていました。

胎盤が出てくる感覚を待っていたのですが、なかなか出てこない。

しかも先生の表情がどんどん険しくなり、汗だくになっていました。

さすがに何かあったんだと感づき尋ねると、胎盤が出てこないから手を入れて剥がすというのです。 関連記事:安産だけど辛かった出産

理解不能の言葉に一瞬でパニックに!

「少し痛いけど我慢してね」と言い始まったその処置は、今、思い出しても吐き気がするほどの激痛で大号泣!!!

もはやあれは陣痛よりも痛かったです。

その上、無理やり胎盤を剥がしたので、子宮の傷口から出血が止まらず7時間も分娩台の上で過ごすハメになりました…。

命に別条はないと言われていましたが、様子を見に来てくれる助産師さんがお腹を押して出血量を確認するたびに、すごい量が流れ出るのがわかり、とても不安になりました。

出産という大仕事を終えたばかりなのに、あんなに痛い思いをして…。

布団でゆっくり休める唯一の時間に、分娩台で一人で過ごさなければならないのかと思い、また泣きました。 関連記事:無事に出産を終えた…と思ったら、まさかの大量出血!尋常じゃない寒さに震える身体 by こたき

翌朝には出血も止まり、先生に異常なしと診断され、母子同室が始まりました。

3人目だからと油断しすぎていたので余計ショックを受けましたが、意外とあることらしく、予後が悪いということもないので安心しました。

f:id:akasuguope01:20170319003729j:plain

著者:雨乃日 晴太郎

年齢:27歳

子どもの年齢:3歳、2歳、5か月

年子姉妹と末っ子長男を育児中の専業主婦。 普段、旦那は変則勤務のためほぼ一人で三児と戦っています。 趣味はサッカー。学生時代はプレーヤーでしたが、現在はJリーグ観戦がストレス解消の一つです。子供達にもサッカーをやらせたいなぁと目論んでいます。 料理もストレス解消と節約のために創意と工夫で日々研究しています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

気乗りしなかった出産3日目の義実家お見舞い…そんな思いも吹っ飛んだ義母の優しさに感謝 by きのかんち
満月と出産の不思議な関係。月の満ち欠けを意識して生活するようになりました
あまりにか弱い存在に涙が止まらない。母親になる自分を受け入れて、親子共々成長していく

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。