ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初心者ダイバー必見!ダイビングを更に楽しむ5つのコツ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
初心者ダイバー必見!ダイビングを更に楽しむ5つのコツ

「ダイビングライセンス取ったけど、それ以来潜ってない…」なんて方全員挙手!ええ、沢山いると思います。

理由は様々。ダイビングにまだ少し不安が残る人、お金や時間が限られている人、まだまだ楽しさを知らない人…etc。

そんな人たちに送る、もう一段ダイビングを楽しむ為のコツをまとめました。オープンウォーターダイバーのみなさん、是非参考にして下さい!
 

中性浮力をマスターする

photo by pixabay

多くのスポーツと同じ様に、上手い方がダイビングも楽しいです。ただダイビングは他のスポーツ程、スキルや上手さに差が出ません。誰でも簡単にマスターできます。

ただ初心者ダイバーがつまずきがちなのが、この中性浮力。簡単に言うと、中性浮力をマスターした状態というのは「自分で深度を管理できる状態」と言えます。

これができてないと、海底にぶつかりそうになったり途中で浮き始めてしまったり…とダイビングを楽しむどころではありません。このスキル向上の為にはアドバンスコースまで受講する事をオススメします。

なぜなら中性浮力の練習の為のダイビングがコースに含まれているからです。海で実際にやる前に、学科講習として中性浮力をマスターする為のコツも勉強します。

ダイビングに少し不安が残る人、まずはアドバンス講習で更なる学習をオススメします!
 

近くのダイビングショップを調べてみる

photo by shutterstock

ダイビングって、長期休みの時くらいしかやるチャンスないよね…。なんて思われがちですが、実は関東近郊や大阪近郊でもダイビングスポットはあります。

関東近郊で有名なのは伊豆です。伊豆はカラフルな生物が多く、運がよければウミガメも見れます。また、伊豆の近くの神子元島はハンマーヘッドシャークの群が見れる場所として有名です。

関西では和歌山県が有名。こちらは漁礁用に沈めた沈船でのダイビングが楽しめるそう。どちらも都市部からのアクセスがよく、週末だけで十分楽しめてしまいます。

長期休みは年に数回しかなく、ダイビングできる場所に行くとは限りません。是非天気の良さそうな週末を狙ってダイビングしてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

夏だ!海だ!ダイビングだ!海外のおすすめダイビングスポット5選
寒い冬におすすめのダイビングスポット5選
リゾートの中でも格別の美しさ!神が創造した最後の秘境 「エルニド」とは?
【夏と言えばダイビング!】ダイブマスターが教える、プロへの道のり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。