ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

D’ERLANGER、トリビュートアルバム参加アーティストからのコメント大公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月13日にリリースされるD’ERLANGERのトリビュートアルバム『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』。豪華バンド&アーティストが参加する事で話題となっているが、その参加アーティストたちのコメント動画&テキストが公開された。参加アーティストたちが、D’ERLANGERへの想いや楽曲についてなどを語っている。
アルバム『D'ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』 (okmusic UP's)

D’ERLANGER は9月15日(金)・16日(土)にはトリビュート参加アーティスト数組を迎えた主催ライブ『D’ERLANGER presents ABSTINENCE’S DOOR #008, #009』をEX THEATER ROPPONGIで行う。出演は15日がHYDE、Angelo、DEZERT。16日には清春、lynch.、Psycho le Cémuがそれぞれ出演する。さらに9月30日(土)からは全国ツアー『J’aime La Vie deux TOUR 2017』がスタートする。チケットは各種プレイガイドにて発売中。

■『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』スペシャルコメントページ

https://wmg.jp/derlanger/comment/
【ライブ情報】
『D’ERLANGER presents ABSTINENCE’S DOOR #008』

9月15日(金) EX THEATER ROPPONGI

出演:D’ERLANGER、Angelo、DEZERT、D’ERLANGER feat. HYDE

『D’ERLANGER presents ABSTINENCE’S DOOR #009』

9月16日(土) EX THEATER ROPPONGI

出演:D’ERLANGER、lynch.、Psycho le Cému、D’ERLANGER feat. 清春

<チケット>

プレミアムシート¥11,000(税込・指定席・ドリンク代別・プレミアムGOODS 付)

スタンディング¥7,000(税込・ドリンク代別)

※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料
『J’aime La Vie deux TOUR 2017』
9月30日(土) 京都FAN J

10月01日(日) 浜松窓枠

10月07日(土) 高知X-pt

10月08日(日) 高松MONSTER

10月14日(土) 金沢EIGHT HALL

10月15日(日) 長野CLUB JUNK BOX

10月21日(土) 郡山CLUB #9

10月22日(日) 柏PALOOZA

10月28日(土) 福岡DRUM Be-1

10月29日(日) 岡山YEBISU YA PRO

11月03日(金・祝) 仙台darwin

11月05日(日) 札幌cube garden

11月11日(土) 梅田 TRAD

11月12日(日) 名古屋Electric Lady Land

11月23日(木・祝) 赤坂BLITZ

<チケット>

・オールスタンディング

前売¥6,000(税込)/当日¥6,500(税込)※ドリンク代別

・プレミアムシート※KIDS BLUE先行のみ

札幌・赤坂公演のみ¥10,000(税込)(プレミアムグッズ付/ドリンク代別)

※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料
アルバム『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』
2017年9月13日発売

WPCL-12767/¥3,000+税

※初回プレス三方背BOX

<参加アーティスト>

ACID ANDROID/Angelo/INORAN×TERU×HISASHI×ピエール中野×ERY/清春/Psycho le Cému/Justy-Nasty/THE SLUT BANKS/DIR EN GREY/DEZERT/HYDE/MUCC/MERRY/YOW-ROW from GARI/lynch./Rayflower(50音順)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。