ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パーソナルロボットもここまで来た!教育から家電まで1台で何でもこなす「TEMI」が優秀すぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「家庭用ロボットも、ここまで来た!」と、感心せずにはいられないプロダクトが登場した。

今、ITメディアの熱い視線を独占しているのが、アメリカのロボティクス企業、Roboteam社が開発した「TEMI」。軍事ロボットの生産で知られる同社が、初めて手掛けた家庭向け製品ということもあって、大きな話題となっている。

・多彩なスキルを持つ究極のAIアシスタント

高さは、約90センチメートル。360度の方向認識力、13MP画素数のカメラ、10インチQHD液晶ディスプレイ、リアルタイムマッピング、障害物回避など、最先端のテクノロジーを搭載。完全自律航法を実現するため、60以上のセンサーを装備。先進のAIを実装し、音声と顔の検出が可能。バッテリーは8時間維持。自力でドッキングステーションに戻り、必要に応じて自ら充電もする。

驚くのは、その多彩なスキル。高度なAIを駆使し、個人秘書として活躍したかと思えば、ホームハブになったり、カメラマンになって写真や動画を撮影することもできる。子どものいる家庭なら、家庭教師代わりに利用するのもいい。既存のプラットフォームに接続して、ゲームをしたり、教育プログラムを通して、一緒に学ぶことも可能だ。

・市場導入は年末!?

「TEMI」はまた、家電としての役割も果たす。本体に高品質のサウンドシステムを内蔵。パーソナルDJとして、ユーザーの好みの音楽を、ハイクオリティなサウンドとともに提供する。テレビ代わりにもなれば、話しかけるだけで、物を運搬したり、天気やその日のニュース、料理のレシピなど、必要な情報の表示もする。照明の切り替え、室内の温度調整、セキュリティといった、IoTデバイスの機能も持ち合わせている。

気になる今後の展開だが、まず、今秋から実証実験を開始。市場への導入は、次のホリデーシーズンになるとのこと。家庭用ロボットの分野に、新たな風が吹き込まれるに違いない。

TEMI

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。