ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドレイク、スタジオに巨大なビヨンセの絵を飾っていることが明らかに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドレイク、スタジオに巨大なビヨンセの絵を飾っていることが明らかに

 故アリーヤやシャーデーらのR&B界の歌姫たちのタトゥーを入れるなど、音楽界が誇る女性アーティストへ対するドレイクのリスペクトは度々ニュースとなっているが、今度は現地時間火曜日(2017年5日)に投稿された自身のレコーディング・スタジオの写真が話題となっている。

 ファンたちはドレイクがBaka Not Niceとスタジオ入りしていることではなく、スタジオの左の壁に笑みを浮かべるビヨンセが描かれた巨大なポートレイトが飾られていることに注目。Twitter上には、ドレイクがいちファンとして“クイーン・ビー”(=ビヨンセの愛称)に対して敬意を示す姿勢を賞賛するツイートが多数投稿された。

 あるファンは、「ドレイクはレコーディング・スタジオに6フィート(およそ183cm)のビヨンセのポートレイトを飾っている」とツイートし、他にも「ドレイクのスタジオ/コンドミニアムにビヨンセの絵がある。さすがだな、立派なファンだ」、「この素晴らしくセンスがいい若者に盛大な拍手を!」などとつぶやかれている。

 ドレイクは、2013年に「Girls Love Beyonce」という曲を発表しており、その数か月後にビヨンセの「Mine」に参加し、コラボを果たしている。

◎ドレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BYsKcZgjEbC/

◎ファンによる投稿
https://twitter.com/theyoncehub/status/905471089609977856
https://twitter.com/RayfordGirl/status/905478844135735309

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク、元恋人リアーナの靴下を履いた姿をインスタに投稿
ドレイク、米ソング・チャート連続チャートイン記録が431週でストップ
ドレイク、今度はリル・ウェインの顔のタトゥーを入れる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。