体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“甘くない”ストロング缶チューハイ6本比較! いちばん甘くないのは、そして美味いのはどれだ!?

最近の缶チューハイはどれも甘すぎる。そう感じているのは記者だけではない模様で、売り場には”甘くない”を売りにしたアイテムも目立つようになってきた。今回は6種類を飲み比べ、どれがいちばん甘くないのか? そして美味いのかを検証する!

 

どんな料理にもよく合う、辛口で甘くない缶チューハイを嗜みたい!

そもそものきっかけは、ストロング系缶チューハイを飲み比べる企画をやった時、高アルコールであるにかかわらず”甘い”缶チューハイが多かったことだ。

 
あわせて読みたい:ストロング系缶チューハイ4種をレモン味で比較!

 

果実味にこだわるのはいいが、同時に甘みを感じさせる商品ばかりで大いに疑問を抱いた。かつては甘いのがサワーで、甘くないのがチューハイというお約束が存在した。しかし近年の缶チューハイ(RTD〜Ready To Drink/レディ・トゥ・ドリンク)シーンを見てみると、どれも総じて甘い。

 

そして、その後に検証した『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』に記者は衝撃を受けた。

 

あわせて読みたい:『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』検証記事

 

これ、本当に甘くないのだ! そしてこの記事がけっこう読まれたので、記者以外にも甘くない缶チューハイを求めて彷徨っているドリンカーは少なくないと推測した。そこで今回は『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』を含めた”甘くない”6品種を飲み比べてみる。果たしてどの缶チューハイが一番甘くないのか? そして美味いのか?

 

アサヒ、宝酒造、キリン、サントリー、オエノンの5社から発売中の甘くない&ストロング系の缶チューハイを6本セレクト。どれも糖質およびプリン体はゼロ。ただしベースになるアルコールはジン、ウォッカなど多様になっている。では早速飲んでみよう。

 

 

1本目:アサヒビール『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』

(350ml・希望小売価格 税抜141円・2017年6月20日発売) 原材料:ジン、レモンライムスピリッツ、グレープフルーツスピリッツ、酸味料、香料 アルコール度数:9% 甘くない度:むしろ苦い

今回の企画の発端でもある『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』。ベースにはクセのあるジンを採用しているのが男らしい。同ブランドの定番本格派炭酸割り材「ウィルキンソン タンサン」を使用しているのが特徴。レモン、ライム、グレープフルーツの苦い果皮を浸漬処理して生み出した風味。

飲んでみると苦々しい。そもそもジンが苦い、その上にピールの苦味も来る。これはもう甘くないどころか苦いお酒。それだけにグイグイと流し込むたびに気合いが入る味わい。全く甘くないが故に、どんな料理にも合うはずだ。

ウィルキンソン ハード 無糖ドライ 缶 350ml×24本
ウィルキンソン ハード 無糖ドライ 缶 350ml×24本

 

 

2本目:宝酒造『タカラcanチューハイドライ プレミアム』

(350ml・希望小売価格 税抜210円・発売中) 原材料:焼酎、レモン、グレープフルーツ、香料、紅花色素 アルコール度数:9% 1984年発売の元祖缶入り辛口チューハイ 甘くない度:かすかにフルーティー。

どこか懐かしいこの味わいは焼酎ベースだからだろうか。昭和の横丁的な、決して高級ではないがどこか惹かれる郷愁を味わいたいならこれだ。ほどほどの焼酎の苦味に申し訳程度の果実感。

飾らないこの味わいは、どこかパンチに欠ける感じもある。そのぶん、日常に溶け込みやすい味ともいえる。

宝酒造 タカラ canチューハイ(ドライ) 350ml×24本
宝酒造 タカラ canチューハイ(ドライ) 350ml×24本

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。