ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デスクワークの合間を彩る温度調整スマートマグ「S2 Mag」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

好みは人それぞれである。コーヒーや紅茶を飲むにしても、ホットが好きという人もいれば少しぬるい程度がいいという人もいる。

では、その調整はどのようにやるべきか?

最初は熱湯に近いコーヒーをマグボトルに注いで、自分の好みの温度になるまで待つのか。だがそれには、慣れが必要だ。

当初からそれぞれの好みに飲み物の温度を設定できれば、それに越したことはない。

・各自の好きな温度をキープ

「S2 Mug」は、スマートフォンと接続する新型マグボトルである。

本体のマグ部分とコースター部分で構成されているこの製品、中に入れた飲み物を35℃から100℃の幅で管理調節してくれるという。操作はスマホにインストールした専用アプリの他に、製品に備えられたタッチパネルでも行うことができる。

最大12時間の温度キープ、そして表示の切り替え機能。ここで言う「表示の切り替え」とは、摂氏と華氏を指す。S2 Mugはアメリカの企業が開発したもので、そうした場合は華氏表示のみとなる場合が多いはずだが、この製品はちゃんと摂氏にも対応している。

これだけの機能を備えてはいるが、デザインは普通のマグボトルと大差ない。オフィスに常備しておいても、決して目立つことはないだろう。

・69ドルで投資受け付け

S2 Mugは現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で資金調達を行っている。

価格を見てみよう。定価は129ドル(1万4000円)だが、Indiegogoでは69ドル(約7500円)からの投資を受け付けている。

なお、日本への配送はそれに別途10ドル(約1090円)が加算される。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。