ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

こんな「スマートグラス」ならアリかも。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
こんな「スマートグラス」ならアリかも。

AR(拡張現実)を映し出す「スマートグラス」については、すでに大手IT企業もスタートアップも開発に熱を入れています。徐々にではありますが実用化されており、私たちの生活の中にも入り込んできました。

でも、そのほとんどはゴツかったり、重かったり、いかにもテックっぽかったり。街中で普通にかけられるデザインでなければ、いくら便利でも意味がありません。

そこでこの「Alpha Glass」を紹介。

どんなシーンにも馴染む
カジュアルなスマートグラス

こんな「スマートグラス」ならアリかも。 普段使いに適しつつ、機能性も豊かなアイテムをカリフォルニア州のスタートアップ「The Alpha Labs」が開発。世界初のカジュアルスマートグラスをうたっています。こんな「スマートグラス」ならアリかも。

繰り返しになるけれど、今までのスマートグラスには、普段着に合わなそうなものが多い。その点「Alpha Glass」は太めの黒縁で、カジュアルな服装でもビジネスシーンでもナチュラルに使えそうです。

もちろん機能性も損なわない

こんな「スマートグラス」ならアリかも。 当然、機能面も充実。例えば、ウォーキング時に歩数や心拍数が映し出されたり、仕事中に次の会議予定を通知してくれたり。こんな「スマートグラス」ならアリかも。 写真撮影もフレーム内臓のシャッターを押せば、そのままデータが連動しているスマホに保存されるそう。こんな「スマートグラス」ならアリかも。 その他にも骨伝導イヤホンなど、便利な機能が満載。こんな「スマートグラス」ならアリかも。

スマートグラスもここまで身近に。ただし、つい先日終了したクラウドファンディングで残念ながら資金調達に失敗してしまったようです…。Licensed material used with permission by The Alpha Labs

関連記事リンク(外部サイト)

音楽、通話、ライフログ。毎日身につけたい「スマートメガネ」
今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
持ち運びを追求した「キャリーバッグ」になる電動キックボード

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。