ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この週末は「森林浴」がしたい、SHINRINYOKU。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
この週末は「森林浴」がしたい、SHINRINYOKU。

日本の意外な言葉が、海外でブームになっていることがある。

「UMAMI(うま味)」とか、「OBENTO(お弁当)」とか、食関係はとくに多い気がするけど、今回気になったのが、アメリカで数年前から密かに盛り上がっているという「SHINRINYOKU(森林浴)」という言葉。

ただ、さすがにSHINRINYOKUは言いづらかったのか、最近は「フォレスト・ベイジング(forest bathing)」って訳されてるみたい(笑)。

「SHINRINYOKU」で
スッキリするのだ

この週末は「森林浴」がしたい、SHINRINYOKU。

「森林を浴びる」って、よく考えたら面白い言い回しだけど、体感値として染みついている人も多いと思う。

浴びてる〜、カラダ喜んでる〜、って。

ハイキングほど本格的じゃないし、歩くスピードも超スロー。目的なんてこれっぽっちもないけど、ただいつもよりちょっとだけ深く呼吸する。

じつはこの森林浴という言葉は、1980年代初期に林野庁によって提唱されたものがキャッチコピー化したものらしい。経験値としての「森林、気持ちいい!」は古くから各国で認められていたけど、言語化されたことでさらに90年代のブームに拍車をかけたのだとか。

それが2000年代に入ったら「森林セラピー」という言葉に代わって、健康効果にまつわる研究がさらに進むことに。

ストレスって
怖いですね

この週末は「森林浴」がしたい、SHINRINYOKU。

そんなとき「npr」で見かけたのが、「森林浴:自然に還ることが免疫力と気分を高めてくれる」という記事。それによると、アメリカ人はストレスによる医療費が年間約1,900億ドル(約20兆円)も占めているとか。

つまり、ストレス解消方法の研究は国としても大きな問題のひとつで、ヘルスケアとしての「森林浴」に注目する人も多い。

わかりやすいところだと、同じウォーキングをするにしても、市街地より森林のほうが血圧や特定のストレスホルモンの低下に繋がった、という研究結果もあったりする。

何を今さら、なんて言わないでほしい。

この週末の過ごし方に悩んでいる人は、少し涼しくなった外に出かけて、フォレスト・ベイジング…もとい「SHINRINYOKU」してみては?Reference:npr(National Public Radio)

関連記事リンク(外部サイト)

忙しいときこそ「森林浴」を。その4つのメリット
疲れたら、森林浴に行こう。
仕事の効率が悪いなら、週末の過ごし方を変えましょう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。