体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古くから愛されてきた本物の味!老舗店「新潟加島屋」

f:id:bbhotstp:20170826175904j:plain

新潟の生活に根付く老舗店

今回ご紹介するお店は、新潟市で古くから地元市民に愛されてきた「新潟加島屋」です。

f:id:bbhotstp:20170826175522j:plain

「加島屋」の歴史は古く、創業は安政2年(1855年)とのこと。

鮭(サケ)や鱒(マス)などの塩干物を扱うお店として営業を開始し、現在でも鮭や筋子、鱈子などを使用した品が看板商品となっています。

厳選した食材を使った商品の数々はとても評判が高く、日々の食事で食べる惣菜の他、新潟では贈答品の定番としても知られており、日常生活に深く根付いています。

また、新潟のみならず関東を中心とした全国各地の百貨店などにも出店している事から、「加島屋」の名を目にした事がある方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「加島屋」の魅力的な品の数々、そして、本店で楽しめるおすすめグルメをご紹介していきたいと思います。

鮭を使った定番商品

まずは、「加島屋といえばコレ」と言われる程、地元での人気を誇る瓶詰商品です。

f:id:bbhotstp:20170826175530j:plain

特に人気の品がこちら。

f:id:bbhotstp:20170826175536j:plain

「さけ茶漬」と「いくら醤油漬」。

脂がのったキングサーモンを熟成させた後、焼き上げ、手でほぐしスプーンでギュッと瓶に詰めた一品です。

素材本来のおいしさを楽しめる品として、家庭用、ギフトなどに重宝する逸品です。

f:id:bbhotstp:20170826175544j:plain

たら子、明太子、筋子や

f:id:bbhotstp:20170826175558j:plain

定番の人気商品「キングサーモン」、

f:id:bbhotstp:20170826175634j:plain

サクサクのフライ、

f:id:bbhotstp:20170826175619j:plain

そして、「キングサーモン」を使ったコロッケも人気です。

昆布巻はあまりの人気により完売となっていました。

f:id:bbhotstp:20170826175649j:plain

「キングサーモン」の中骨を昆布で巻き、醤油・出汁などでじっくりと煮込んだ昆布巻です。

滑らかな昆布の舌触り、鮭の身、ほろりと崩れる骨の食感の対比、そして、程よい味付けが絶妙です。

創業当時より取り扱ってきた「鮭」を使用した品の数々は、高いクオリティーを誇っています。

添加物、防腐剤、うま味調味料などにできるだけ頼らず、素材のおいしさをそのままに出しています。

「安心して食べられる」

という事も人気の秘密なのかもしれませんね。

「加島屋」の新定番「洋風惣菜」

f:id:bbhotstp:20170826175658j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。