ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2017年9月・10月開催【東海】秋のイベント&祭り総まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秋のイベント&祭り

週末のぽかんと予定のない日。どこかに行きたいけど特に思いつかない時、

近くのイベントに出かけてみてはいかがでしょうか?

というわけで今回は9月10月の愛知県・岐阜県・三重県の東海地方秋イベントをご紹介します。

伝統的なお祭りから、観月会、グルメイベントなど、和を感じられるものばかり。

事前にチェックして楽しい日本の秋祭りを体感してくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■愛知県の9月・10月開催イベント

■岐阜県の9月・10月開催イベント

■三重県の9月・10月開催イベント

第22回炎の祭典【愛知県豊橋市】

10mまで吹き上がる炎の柱。圧巻の手筒花火は必見!

第22回炎の祭典火の粉を体に浴びながら打ち上げる様は迫力満点!

9/9(土)

開催時間●10時~20時30分(炎の舞は18時開演)

開催場所●豊橋球場一帯

夜の「炎の舞」では、スターマインや仕掛け花火など多彩な花火が打ち上げられます。

手筒花火23本の一斉打ち上げで熱気は最高潮に。 第22回炎の祭典

TEL/0532-53-7211(炎の祭典実行委員会)

住所/豊橋市豊橋公園内

料金/昼イベント入場無料、炎の舞当日券・外野スタンド席500円ほか

アクセス/豊橋鉄道豊橋公園前停留所より徒歩3分

駐車場/なし ※公共交通機関を利用のこと

「第22回炎の祭典」の詳細はこちら

日本遺産認定記念 第86回せともの祭【愛知県瀬戸市】

全国最大規模のせともの市で掘り出し物を探してみて♪

日本遺産認定記念 第86回せともの祭瀬戸川沿いに約160社が出店。「せともの大廉売市」日本遺産認定記念 第86回せともの祭お気に入りがきっと見つかる!

9/9(土)・10(日)

開催時間●9日:9時~20時、10日:9時~19時

開催場所●名鉄尾張瀬戸駅周辺及び瀬戸市内一円

磁祖・加藤民吉を称えて、1932年から続く陶磁器の祭り。

毎年多くの人で賑わう「せともの大廉売市」では、日常食器から雑貨商品まで多彩なせとものが、お値打ち価格で販売されます。

「ミスせともの発表披露会」や大道芸人が登場する「にぎわいわいステージ」、ろくろを使った作陶体験に花火の打ち上げ(9日のみ)も。

販売・祭事・ステージイベントなど50もの様々な催しがあり、朝から晩まで1日中楽しめます。 日本遺産認定記念 第86回せともの祭

TEL/0561-82-3123(大せともの祭協賛会)

住所/瀬戸市内一円

料金/入場無料、別途イベントにより異なる

アクセス/名鉄尾張瀬戸駅より徒歩2分ほか ※公共交通機関を利用のこと

「日本遺産認定記念 第86回せともの祭」の詳細はこちら

田原祭り【愛知県田原市】

華麗な山車とからくり人形。最終日の夜には花火大会も!

田原祭り神輿は市の有形民俗文化財に指定

9/16(土)・17(日)

開催時間●8時~21時頃

開催場所●三河田原駅周辺ほか

江戸時代より続く伝統の祭り。からくり人形を載せた豪華な山車が市内を練り歩きます。

17日には手筒花火や打ち上げ花火なども披露されます。 田原祭り

TEL/当日:0531-22-7337(田原まつり会館)、その他:0531-23-3516(渥美半島観光ビューロー)

住所/田原市市街地

料金/観覧無料

アクセス/豊橋鉄道三河田原駅より徒歩5分ほか ※公共交通機関を利用のこと

「田原祭り」の詳細はこちら

デンパーク「 仲秋のあかり祭」【愛知県安城市】

趣の異なるあかりが灯り別世界へと誘う。

デンパーク「 仲秋のあかり祭」芸術的な模様が彫られた高さ3mの竹灯籠スクリーン

9/16(土)~18(祝)

開催時間●18時~21時

開催場所●安城産業文化公園デンパーク

竹あかりや市内園児による2000個のペットボトルキャンドルなど、様々なライトアップ作品が楽しめます。

和太鼓のコンサートなども開催予定です。 デンパーク「 仲秋のあかり祭」

TEL/0566-92-7111

住所/安城市赤松町梶1

営業時間/9時30分~21時(仲秋のあかり祭期間外は~17時、いずれも最終入園30分前)

定休日/期間中なし

料金/入園料大人600円、小・中学生300円

アクセス/電車:名鉄桜井駅よりあんくるバス8分、デンパークより徒歩すぐ

車:東名岡崎ICまたは豊田ICより45分

駐車場/1000台

「デンパーク「 仲秋のあかり祭」」の詳細はこちら

日本遺産認定記念 第22回 来る福招き猫まつり in 瀬戸【愛知県瀬戸市】

楽しいイベントがいっぱい!招き猫メイクで町を巡る♪

日本遺産認定記念 第22回 来る福招き猫まつり in 瀬戸瀬戸蔵4階で開催される「にっぽん招き猫100人展」日本遺産認定記念 第22回 来る福招き猫まつり in 瀬戸招き猫メイク。会場内数カ所で無料で体験できる

9/23(祝)・24(日)

開催時間●10時~17時

開催場所●名鉄尾張瀬戸駅周辺

2日間で7万人以上が訪れ、人、モノ、街中が招き猫でいっぱいになる秋の一大イベント。

国内外から公募で選ばれた100人のアーティストによる「にっぽん招き猫100人展」、無料でできる人気の招き猫メイクなど100を超える企画が実施されます。 日本遺産認定記念 第22回 来る福招き猫まつり in 瀬戸

TEL/0561-85-2730(瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

住所/瀬戸市内一円

料金/入場無料、別途イベントにより異なる

アクセス/名鉄尾張瀬戸駅より徒歩4分ほか※公共交通機関を利用のこと

「日本遺産認定記念 第22回 来る福招き猫まつり in 瀬戸」の詳細はこちら

尾張津島秋まつり【愛知県津島市】

からくり人形の妙技と勇壮な車切で魅了する。

尾張津島秋まつり山車の前方を持ち上げ回転させる「車切(しゃぎり)」は必見

9/30(土)・10/1(日)

開催時間●30日:14時~、1日:12時~

開催場所●津島駅、津島神社周辺

約300年続く秋祭り。からくり人形を載せた豪華絢爛な14台の山車や、太鼓・鉦(しょう)を大音響で打ち鳴らす石採祭車などが町を巡ります。 尾張津島秋まつり

TEL/0567-28-8051(津島市観光協会)

住所/津島市内

料金/観覧無料

アクセス/名鉄津島駅より徒歩13分ほか

※公共交通機関を利用のこと

「尾張津島秋まつり」の詳細はこちら

朝倉の梯子獅子【愛知県知多市】

二人一組の雄獅子が、曲芸的な技を披露する。

朝倉の梯子獅子アクロバティックな舞をドキドキしながら見守ろう

9/30(土)・10/1(日)

開催時間●30日:19時~、1日:11時~、13時~、19時~

開催場所●牟山神社

37段の梯子と高さ約9mの櫓の上で、カブ(前)とウス(後ろ)の2人で操る獅子が、お囃子に合わせて舞います。

フォトコンテストも開催予定です。 朝倉の梯子獅子(はしごじ)

TEL/0562-51-5637(知多市観光協会)

住所/知多市新知東屋敷2

料金/観覧無料

アクセス/電車:名鉄朝倉駅より徒歩3分

車:知多半島道東浦知多ICより21分

駐車場/近隣の駐車場を利用

白鳥庭園 観月茶会【愛知県名古屋市】

茶席を楽しみながら月を愛でる贅沢なとき。

白鳥庭園 観月茶会茶席一席500円。前売り券は正門受付にて販売中

10/4(水)~8(日)

開催時間●18時~20時30分 ※要予約

開催場所●清羽亭

期間中は夜間開園を実施。中秋の名月が上がる方角を計算して建てられた茶室「清羽亭」で、お茶を飲みながら名月を楽しめます。 白鳥(しろとり)庭園 観月茶会

TEL/052-681-8928(白鳥庭園管理事務所)

住所/名古屋市熱田区熱田西町2-5

定休日/月(祝日の場合は翌平日休)

料金/入園料大人300円、中学生以下無料

アクセス/電車:地下鉄神宮西駅より徒歩10分

車:名古屋高速4号六番北出口より6分

駐車場/40台(1回300円)

「白鳥庭園 観月茶会」の詳細はこちら

第八回はんだ山車まつり【愛知県半田市】

5年に一度の貴重な体験。豪華な山車31輌が勢揃い!

第八回はんだ山車まつり集結した山車を一望するなら桟敷席の購入がおすすめ第八回はんだ山車まつり半田運河には、提灯が飾られた「ちんとろ舟」も登場

10/7(土)・8(日)

開催時間●7日:8時50分~21時、8日:8時15分~19時30分

開催場所●半田市役所周辺

5年に一度、市内10地区から山車31輌が勢揃いし町中が熱気に包まれます。

夕方から行われる宵祭りでは、山車に提灯が飾られ、昼間とはがらりと雰囲気を変えます。

その他にもステージイベント、グルメなどの出店も行われ、祭りを一層盛り上げます。 第八回はんだ山車(だし)まつり

TEL/0569-84-0689(第八回はんだ山車まつり実行委員会)

住所/半田市内

料金/観覧無料(桟敷席5000円もあり)

アクセス/電車:名鉄知多半田駅より徒歩15分、JR半田駅より徒歩10分

車:知多半島道半田中央ICより15分

駐車場/臨時駐車場3カ所計3100台

「第八回はんだ山車まつり」の詳細はこちら

戸田まつり【愛知県名古屋市】

からくり人形を載せた個性豊かな5台の山車。

戸田まつりからくり人形の実演を披露する様子。写真は一ノ割地区

10/7(土)・8(日)

開催時間●8日:からくり実演12時30分~14時30分

開催場所●戸田の辻

地区ごとに分かれ、各神社で開催。それぞれ特徴のある山車やからくり人形が異なる演技を披露。

市の無形民俗文化財に指定されています。 戸田まつり

TEL/052-302-4204(戸田まつり保存会)

住所/名古屋市中川区戸田

料金/観覧無料

アクセス/JR春田駅より徒歩10分

※公共交通機関を利用のこと

2017秋 飛騨の味まつり【岐阜県高山市】

飛騨の美味しいが勢揃い。お腹を空かせて行こう!

2017秋 飛騨の味まつり商店街約300mが歩行者天国に!飛騨の味が集結2017秋 飛騨の味まつりふっくらとした岩魚はシンプルに塩焼きで味わおう

9/9(土)・10(日)

開催時間●9日:9時~17時、10日:9時~16時

開催場所●高山市本町1・2丁目商店街

飛騨牛の串焼きや岩魚の塩焼き、みたらし団子に地酒など、飛騨の特産品の販売ブースが所狭しと並びます。

ほかにも、高山ラーメンや地元産の旬の味覚を使ったスイーツの数々など、様々な飛騨の美味を堪能して、食欲の秋を満喫しましょう。 2017秋 飛騨の味まつり

TEL/0577-35-0370(一般財団法人 飛騨地域地場産業振興センター)

住所/高山市本町1・2丁目

料金/入場無料

アクセス/電車:JR高山駅より徒歩8分

車:中部縦貫道高山ICより10分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「2017秋 飛騨の味まつり」の詳細はこちら

ぼんぼり夢街道【岐阜県飛騨市】

町並みをあたたかく彩る約1000個のぼんぼり。

ぼんぼり夢街道古い町並みが優しく照らされ、幻想的な空間に…

9/16(土)・17(日)

開催時間●19時~21時

開催場所●古川町弐之町通り周辺

全長約600mの道路に和紙ぼんぼりが並びます。

国の登録有形文化財「旧河合療院」ライトアップやお月見茶処などのイベントも開催予定。 ぼんぼり夢街道

TEL/0577-74-1192(飛騨市観光協会)

住所/飛騨市古川町弐之町

料金/観覧無料

アクセス/電車:JR飛騨古川駅より徒歩10分

車:東海北陸道飛騨清見ICより30分

駐車場/79台(市役所駐車場)

「ぼんぼり夢街道」の詳細はこちら

飛騨古川きつね火まつり【岐阜県飛騨市】

闇夜にゆらめく灯火…町は幻想的な雰囲気に。

飛騨古川きつね火まつり松明の灯りを揺らしながら古川の町を厳かに通る

9/23(祝)

開催時間●12時~21時

開催場所●古川市街地

松明の明かりに照らされ、厳粛な雰囲気の中行うきつねの嫁入り行列が、この夜だけ蘇ります。

花嫁・花婿は全国からの公募で選ばれます。 飛騨古川きつね火まつり

TEL/0577-74-1192(飛騨市観光協会)

住所/飛騨市古川町内

料金/観覧無料

アクセス/電車:JR飛騨古川駅より徒歩10分

車:東海北陸道飛騨清見ICより30分

駐車場/79台(市役所駐車場)

「飛騨古川きつね火まつり」の詳細はこちら

月見の森 観月会【岐阜県海津市】

「日本百名月」に選ばれた美しい月観賞の舞台。

月見の森 観月会月見の森は、2017年2月に「日本百名月」に選ばれたばかり

10/4(水)

開催時間●19時~21時

開催場所●月見広場

標高180mの月見広場で行われる観月会。

月見台からは濃尾平野に広がる夜景と名月が堪能でき、来場者には衣かつぎ(里芋)がふるまわれます。 月見の森 観月会

TEL/0584-53-1351(海津市農林振興課)

住所/海津市南濃町羽沢

料金/入園無料

アクセス/電車:養老鉄道駒野駅より徒歩20分

車:名神大垣ICより20分

駐車場/120台

「月見の森 観月会」の詳細はこちら

第61回ぎふ信長まつり【岐阜県岐阜市】

織田信長の偉業を称える華やかな戦国時代絵巻!

第61回ぎふ信長まつり「信長公騎馬武者行列」の様子。8日、JR岐阜駅付近で開催

10/7(土)・8(日)

開催時間●10時~16時

開催場所●岐阜市中心街

戦国武将や火縄銃鉄砲隊などで編成する「信長公騎馬武者行列」をはじめ、音楽隊パレードなどの華やかなイベントが多数催されます。 第61回ぎふ信長まつり

TEL/当日:058-266-1011(まつり本部)、その他:058-265-3980(岐阜市商工観光政策課)

住所/岐阜市内

料金/観覧無料

アクセス/電車:JR岐阜駅より徒歩5分ほか

車:東海北陸道岐阜各務原ICより15分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「第61回ぎふ信長まつり」の詳細はこちら

第50回 刃物まつり【岐阜県関市】

世界に誇る刃物の名店が全長1kmの通りに大集結!

第50回 刃物まつり火花を散らして熱い鉄を打つ迫力の古式日本刀鍛錬

10/7(土)・8(日)

開催時間●10時~17時

開催場所●本町通り商店街など

本町通りをメインに刃物大廉売市が行われ、刃物商品がお得に手に入ります。

関市のご当地キャラが集合するなどイベントも盛りだくさん。 第50回 刃物まつり

TEL/0575-22-3131(関市観光交流課)

住所/関市本町

料金/入場無料

アクセス/電車:長良川鉄道関駅より徒歩6分

車:東海環状道富加関ICより13分

駐車場/2000台

「第50回 刃物まつり」の詳細はこちら

櫻山八幡宮 例祭(秋の高山祭)【岐阜県高山市】

匠の技が光る豪華な屋台が飛騨の山里を美しく彩る。

櫻山八幡宮 例祭両日ともに行われる表参道での屋台曳き揃え櫻山八幡宮 例祭提灯のゆらめきと聞こえてくる歌が情緒的

10/9(祝)・10(火)

開催時間●9日:9時~21時、10日:9時~16時

開催場所●櫻山八幡宮周辺

旧高山城下町北側の氏神である櫻山八幡宮の例祭。

豪華絢爛な屋台11台が曳き揃えられる様は見ごたえ十分。ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

そのほか曳き廻しや、巧みな動きを披露するからくり人形の奉納など伝統的な祭行事が楽しめます。

また、9日開催の宵祭の屋台行事では、11台の屋台がそれぞれ100個もの提灯を灯し、曳き別れ歌「高い山」を歌いながら町を巡り観客を魅了します。 櫻山八幡宮 例祭

TEL/0577-32-3333(高山市観光課)

住所/高山市桜町

料金/観覧無料

アクセス/JR高山駅より徒歩20分ほか

※公共交通機関を利用のこと

「櫻山八幡宮 例祭」の詳細はこちら

わらじ祭【三重県志摩市】

縦2m、横1m余りの大わらじを海へ流す。

わらじ祭地元の若者に担がれ入水、大王島付近で放たれる (c) 志摩市観光協会

9/18 (祝)

開催時間●8時30分~21時

開催場所●波切神社、須場の浜、波切漁港

稚児たちが巨大なわらじを曳く「わらじ曳き神事」をはじめ、神輿の練り歩きや巫女の舞、演芸会、花火大会などのイベントが行われます。 わらじ祭

TEL/0599-46-0570(志摩市観光協会)

住所/志摩市大王町波切

料金/観覧無料

アクセス/電車:近鉄鵜方駅より三重交通バス20分、波切魚市場より徒歩すぐ

車:伊勢道伊勢西ICより1時間

駐車場/100台

「わらじ祭」の詳細はこちら

第17回 いつきのみや観月会【三重県明和町】

雅な雅楽の宴とともに平安のお月見を体感。

第17回 いつきのみや観月会平安時代にタイムスリップしたかのような雰囲気

9/30(土)

開催時間●15時~20時頃

開催場所●いつきのみや歴史体験館中庭と周辺

花火の合図で3000本のロウソクが灯され、寝殿造りの建物をバックに雅楽演奏会が始まります。

古の音色に耳を傾けながらお月見が楽しめます。 第17回 いつきのみや観月会

TEL/0596-52-3890

住所/多気郡明和町斎宮3046-25

料金/観覧無料

アクセス/電車:近鉄斎宮駅より徒歩すぐ

車:伊勢道玉城ICより20分

駐車場/30台

「第17回 いつきのみや観月会」の詳細はこちら

四日市祭【三重県四日市市】

からくり山車に大名行列、舞獅子が祭りを盛り上げる!

四日市祭からくり山車「大入道」四日市祭商店街でだし物を披露 (c)四日市観光協会

9/30(土)・10/1(日)

開催時間●10時~

開催場所●諏訪神社及びその周辺

江戸時代初期から300年以上にわたり続く、諏訪神社の例大祭。

30日には神輿の渡御や舞獅子、1日には「ネリ」と呼ばれる各地区によるだし物が奉納されます。

特にネリは趣向が凝らされており、全高9m、首が伸び縮みする「大入道」や、神話を題材にした「岩戸山」など、インパクトのあるからくり山車が登場。

11ものからくり山車の練り込みに一斉揃い、東海道・四日市宿の面影が薫る古式にのっとった大名行列などが人気で、盛り上がりを見せます。 四日市祭

TEL/059-357-0381(四日市観光協会)

住所/四日市市諏訪栄町22-38

料金/観覧無料

アクセス/電車:近鉄四日市駅より徒歩5分

車:東名阪四日市ICより18分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「四日市祭」の詳細はこちら

第8回忍者修行選手権大会【三重県名張市】

忍者になりきり運動会♪家族揃って楽しめる。

第8回忍者修行選手権大会「水ぐも修行」のほか、修行内容は当日発表される

10/9(祝)

開催時間●10時~15時30分

開催場所●赤目四十八滝 忍者の森

いかに忍者修行を上手にこなせるかを競うこの大会。忍者姿で手裏剣や綱渡りなどを体験し、最後は「免許皆伝の書」がもらえます。 第8回忍者修行選手権大会

TEL/0595-64-2695(NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会エコツアーデスク)

住所/名張市赤目町長坂671-1

料金/体験料大人2000円、小中学生1750円

アクセス/電車:近鉄赤目口駅より三重交通バス10分、赤目滝より徒歩すぐ

車:東名阪亀山ICより1時間5分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

※この記事は2017年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

花火に秋祭り!2017年9月・10月秋イベントまとめ【愛知】
音楽フェスが無料!2017年の9月は福岡ミュージックマンスへ!
【関越道】必食!サービスエリアの絶品名物グルメ&スイーツ♪関東近郊

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。