体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【さくらしめじ】 『菌育 in the 家(はうす) スペシャル!』 2017年9月3日 at 渋谷CLUB QUATTRO

 夏の気配はどこへやら、肌寒く感じる2学期初め早々の休日。宿題提出に軽く焦りつつも、高校1年生フォークデュオ、さくらしめじのライヴ始めは“菌育スペシャル”としての渋谷舞台。ステージ袖から、ふんわり登場して笑顔を振りまく余裕っぷりは、デビュー2年余りで47都道府県のフリーライヴから、今春にはTOKYO DOME CITY HALLワンマン(1,700人)を成功させている彼らからすれば違和感はない。少年の軽やかさの裏には、しっかり絞った汗があるのだ。オープニングは1stシングル「いくじなし」。華奢な身体に抱える2本のアコギ、ふたりのハーモニー、時折刻む首下げタンバリンのシャン音、会場の手拍子でリズミカルに過ごす世界観は、爽やかな彩りを与え開放感たっぷり。きのこりあん(ファンの愛称)からキーワードを受けての“即興3ワードソング”で観せる和やかな姿もお茶目で“らしい姿”だ。
 (okmusic UP's)

 そして、中盤「あやまリズム」からはバンドを迎え入れ、演奏にも歌声にもエッジを立ててボトムアップしていく。そんな姿を観てて、“たくましくなったなぁ”と素直に思う。フロントに立つ者の役割や意味に模索しながらも、懸命に客席にアプローチする姿は“好きだから”のがむしゃらを超えた、“義務”や“責任”というプロ意識の芽生えという成長を感じずにはいられなかった。

 アンコールに奏でた「おもいでくれよん」。初めてふたりで作った思い出ソングは、“僕らにとって大切な曲”(田中雅功)と言うように、デビューとは別の意味で“今後のふたり”の原点となって、大勢のきのこりあんに口ずさまれていくことだろうと確信できた一夜だった。
撮影:ハヤシサトル/取材:石岡未央
セットリスト
1.いくじなし
2.ふうせんはなび
3.きみでした
4.まよなかぴくにっく
5.てぃーけーじー
6.えそらごと
7.あやまリズム
8.ケセラセラララ
9.きのうのゆめ
10.せきがえのかみさま
11.ねこの16ビート
12.おたまじゃくし
13.いーでぃーえむ
14.はじまるきせつ
15.ひだりむね
<ENCORE>
1.おもいでくれよん
2.みちくさこうしんきょく
さくらしめじ
さくらしめじ:田中雅功(がく)と髙田彪我(ひょうが)による、フォークデュオユニット。15年3月11日に1st 両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的に活動中。17年夏より、1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』がスタート! そして8月23日には、TBSアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』ED主題歌でもある、5枚目のシングル「あやまリズム」をリリースする
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。