ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ジャクソンのホラー/サスペンス調ヒット曲をまとめたザ・ハロウィン・アルバムが発売決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エピック/レガシー・レコーディングスとマイケル・ジャクソン・エステートが、マイケル・ジャクソンの最新アルバム『スクリーム』のリリースを発表した。海外のCDリリースとデジタル配信は9月29日(金)、日本ではデジタル配信が9月29日(金)、国内盤CDが10月4日(水)にリリースとなる。
アルバム『スクリーム』 (okmusic UP's)

ハロウィンが大好きだったマイケルが毎年楽しみにしていた、コスチュームと仮装、暗闇とライトに彩られ、みんながいろいろなキャラクターになりきってお互いをびっくりさせるこの季節。『スクリーム』の収録曲は、そのハロウィンをテーマに選ばれた。

収録されるのは「スリラー」、「ゴースト」、「デンジャラス」、「スクリーム」など、映像的で物語性に満ちた世界観を持ち、スリリングなホラー/サスペンス・テイストが印象的な、マイケル楽曲の中でもとりわけダンサブルな選りすぐりの13曲。更に本作『スクリーム』には、このたび新しく制作されたボーナス・トラック「ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロアX デンジャラス(The White Panda Mash-Up)」が収められる。この曲は「ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア」、「デンジャラス」、「ハートブレイク・ホテル」、「リーヴ・ミー・アローン」、「イズ・イット・スケアリー」という超高エネルギーな5曲がマッシュアップされ、シームレスでスムーズなダンスナンバーに仕上がっている。

なお、iTunes Storeではアルバムを先行予約するとその場で「ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロアX デンジャラス(The White Panda Mash-Up)」をダウンロード出来るIGTプレオーダーも開始している。

アルバムのフォーマットは、CD、そして暗闇で光る蛍光アナログ盤(輸入盤10月27日発売) の2タイプ。それぞれのパッケージに合わせたポスター付き。ポスターとジャケットのアートワークには、AR (拡張現実)が仕込まれている。これもマイケル作品初の試みとなる。

また、世界中のマイケルファンが集う『スクリーム』リリース記念イベントがこの秋、世界の6大都市のパリ、ロンドン、シドニー、ベルリン、ロサンゼルス、そして東京で開催される。これらのイベントの目玉は1997年にカンヌ映画祭で上映されて以来、めったに公開されてこなかった『ゴースト』の完全版(40分)の上映だ。その他数々のサプライズが用意されているが、詳細は近日中に発表予定。
アルバム『スクリーム』
2017年9月29日発売

【CD】

2017年10月4日発売

SICP5700/¥2,400+税

※12面ポスター仕様ブックレット

※歌詞・対訳付

※解説:湯川れい子|西寺郷太

【アナログ盤】

2017年10月27日発売

※光るアナログ盤2枚組

※輸入盤 オープンプライス

【配信】

2017年9月29日発売

¥1,600(税込)

<収録曲>

01. ハートブレイク・ホテル

02. スリラー

03. ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア

04. サムバディズ・ウォッチング・ミー

05. ダーティ・ダイアナ

06. トーチャー

07. リーヴ・ミー・アローン

08. スクリーム

09. デンジャラス

10. アンブレイカブル

11. エスケイプ

12. スレトゥンド

13. ゴースト

14. ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア×デンジャラス(THE WHITE PANDA MASH-UP)

◎iTunes プレオーダー

予約注文すると「ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロアX デンジャラス(The White Panda Mash-Up)」がその場でDL可能に!

https://itunes.apple.com/jp/album/id1278579748?at=10lpgB&ct=886446713328_al&app=itunes
アルバム『スクリーム』 ティーザー映像

https://www.youtube.com/watch?v=45CIOYIHFyU「スリラー」ショートフィルム

https://www.youtube.com/watch?v=sOnqjkJTMaA  
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。