体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

こんにちは、マンスーンです。

そして手に持っているのはクレームブリュレです。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

クレームブリュレといば、上層部を覆う固められたカラメルをスプーンでサクッと割るのが楽しいですよね。

そして中のねっとりしたカスタードとパリパリ食感のカラメルが口の中で混ざり合って至極の時間を味わうことができます。

 

でも僕はこのクレームブリュレに対してひとつだけ願望があるんです。

 

それは……

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

クレームブリュレをもっと固くしたいんです!!!

普通の固さでおいしいのなら、もっと固くすれば、さらにおいしくなると思いませんか?

グミだってあずきバーだって固いからおいしいので。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

あとこの記事は固いスマホ『TORQUE® G03』の宣伝も兼ねているということをお伝えしておきます。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

というわけで、固さを測ることができる専用の機器を使ってまずは通常時のクレームブリュレの固さを測定してみることにしました。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

測定器の先端をクレームブリュレに押し付けてカラメルが割れた瞬間の最大値を測定。

精度を上げるために5個測定してその平均値を取ります。

 

ちなみに絹ごし豆腐を測定したところ、0.74N(ニュートン)でした。

※本来は同じ力で対象物に押し付けないといけないので、この記事の数値はあまり正確ではありません。あくまでも固さの目安として使用しています。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

平均は4.54N。

クレームブリュレは豆腐と比べて約6倍の固さということがわかりました。

これをどこまで固くすることができるのしょうか?

でもお菓子作りは小学校の家庭科の授業以来やってないので、いったいどうすればいいのか見当もつきません。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

あっ!! そうだ!!!

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

到着。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

江戸川区一之江にある人気洋菓子店『ラ・フィーユ』のオーナーシェフ 室松さんにクレームブリュレを硬くする方法を聞きに来ました。

室松さんは海外の三ツ星レストランでのシェフパティシエを経験し、東京都優秀技術者としても表彰されているすごい人です。

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「今日はよろしくお願いします」

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「はい。どんなことを聞きたいんですか?」

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「クレームブリュレをとにかく固くしたいんです! 象が踏んでも割れないくらいの固さに!」

 

クレームブリュレをとにかく固くしてみた クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「できますけど、美味しくないですよ」

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「いやいや、そんなことないですって。あのバリバリが増えれば増えるほど美味さも増すはずです!」

クレームブリュレをとにかく固くしてみた

「とりあえずうちの店でいつも作っているクレームブリュレをお見せしましょう」

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。