ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ななみ 夏の終わりに届ける笑顔と涙、そして温かな思い出

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ななみ 夏の終わりに届ける笑顔と涙、そして温かな思い出

 ボーカリスト naNami名義でも活動するシンガーソングライター ななみ が、8月26日に東京、翌27日に大阪で弾き語りライブ【nanami「ギターなんて大嫌い~vol.3」】を開催した。

ななみ ライブ写真(全4枚)

 今回の弾き語りライブは東京、大阪の両公演とも“笑顔”と“涙”をテーマとした2つのステージが用意されていた。ここでは、その8月26日 二子玉川KIWAにて行われた笑顔がテーマのステージをレポートする。

 8月13日に24歳の誕生日を迎え、髪もバッサリ切ってショートカットになった ななみは笑顔で登場。さっそく「I’ll wake up」~晴れやかなメロディの3曲を届けていく。華奢でありながら低音もしっかり響く彼女の芯のある歌声と、キーボード&コーラスのサポート にしのえみ(NISHINOEMI)とのハモリに冒頭から酔いしれてしまう。「出会えたのはあの店で」では、“手拍子してね♪”とキュートにリクエストする彼女に観客も笑顔で応えていた。

 今ステージのテーマの“笑顔”だが、その意味する感情も様々。幸せの表情だったり、苦笑いだったり、無理して笑ったり…、そんな色んな笑顔の楽曲が並んだセットリストで、 “これは悲しい笑顔かな”と「笑火(えみび)」が披露される。キーボードの伴奏に乗せて、とある夏の情景を思い浮かべるように、そっと目を閉じて優しく歌う ななみへ、温もりある視線が集まっていた。続く「これを愛として」でも、儚さ漂う歌声に涙腺が刺激されてしまった。

 「“チューニング”という曲を聴いてください。いつもより尺が長くなりそうです(笑)」とおふざけも交え、再びアットホームな空間へ移ろうなか、新曲「I don’t」を披露。ななみの好きな洋楽の影響が存分に出たという本楽曲では、ブラッシングと、ギターのボディを叩くパーカッシブのリズムをルーパーで重ねるといったプレイもみせ、彼女のギター少女な一面に顔も綻んでしまう。また、その昔、大分のサッカー少女だったことを明かし、「少年よ」で駆け抜けるようにライブも終盤へ。「今日はみんなの色んな笑顔が見られて良かったなと思います。…、最後まで笑顔でいくよー!」と、「去れ負け犬よ」でライブ本編を締めくくり、アンコールに「今日も大丈夫」を届け、笑顔のステージを終えた。

 この後に行われた“涙”をテーマとしたステージも、しっとり切なくなる夏の終わりを感じさせる、心に残るライブを届けた ななみ。大阪公演では、アンコールに皆の真ん中で「愛をください」を披露した模様を自身のTwitterに投稿していた。そこには、彼女の優しさとユーモアを感じる文が綴られていた。この夏がとても穏やかで、切なくて、嬉しくて、悲しくて、そういった感情と思い出が浮かび上がった、心にしみた ななみのライブだった。

◎セットリスト
nanami「ギターなんて大嫌い~vol.3」
1st Stage“笑顔のrequiem”@2017.8.26(Sat)二子玉川KIWA
01.I’ll wake up
02.ポケットの恋花火
03.出会えたのはあの店で
04.笑火
05.これを愛として
06.I don’t
07.少年よ
08.4文字ラブレター
09.CHASER
10.去れ負け犬よ
En.今日も大丈夫
http://73music.jp/

◎ななみ関連情報
9/20リリース 澤野弘之によるボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk(ヌジーク)]の待望の2ndアルバムに歌唱曲「Next 2 U」音源とライブ映像が収録
http://www.sh-nzk.net/artist/sawanohiroyukinzk/discography/VVCL-1098

撮影:フルカワタイスケ

関連記事リンク(外部サイト)

naNami(ななみ) “ほぼ新曲”のセトリ! キツネも癒されるほど安らかな弾き語りワンマン、8月にも同会場で開催
naNami(ななみ) その歌声と笑顔に“うっとり” 「みんなの決心に繋がる」カバーアルバムの発売記念イベント幕開け
naNami 時代を繋ぐアニソンALより「はじめてのチュウ」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。