ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

坂口健太郎×忽那汐里×ウカスカジーによるniko and …ムービー第二弾公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
坂口健太郎×忽那汐里×ウカスカジーによるniko and …ムービー第二弾公開

 niko and …(ニコアンド)ブランド設立10周年を記念したアニバーサリープロモーション動画の第二弾が公開。ブランドアンバサダーを務める坂口健太郎と忽那汐里が出演し、桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット、ウカスカジーの楽曲「Anniversary」が起用されている。

niko and …ムービー 関連画像(全13枚)

 春夏のムービーでは、偶然アパートの隣同士に引っ越してきた坂口と忽那。今回の動画「であうにあう MOVIE「雨、のち、秋、冬。」」では、2人が同じバスに乗り不思議な旅に出る。新しいものに“であう”よろこびと、自分らしい存在になっていく“にあう”幸福感。niko and …というブランドが世の中へ提供する価値を体現しているストーリーが展開される。

 撮影は、都内に比べるとまだ少し肌寒い富士山近郊で実施。坂口、忽那共に早朝にも関わらず爽やかな笑顔で現場に入り、バスの屋根に上るシーンから撮影がスタート。海辺であったため風が強く、バスの上からトランプが舞ってしまうハプニングもあったが、坂口と忽那がそれを逆手に取った演技でカバーし、美しい演出になった。途中から天候が乱れ、雨の降る中、撮影は深夜にまで及んだが、坂口と忽那の笑顔と優しさに終始スタッフ一同が癒やされ、和やかな撮影になったとのこと。

 春夏のムービーに続き、テーマソングに起用されているウカスカジーの「Anniversary」は、東京・豊洲にあるMIFA Football Parkが1周年を迎えた際に披露され、大反響を呼び音源化されたもの。niko and …がこのMIFA Football Parkに年間協賛をしており、またGAKU-MCがniko and …のグローバル旗艦店であるniko and … TOKYOのアンバサダーである関係性から、この貴重なタイアップが実現した。ブランドが生まれて10周年というアニバーサリーイヤーにふさわしい、祝祭感や活力が感じられる内容になっている。

 なお、メイキング動画、インタビュー動画も公開されているほか、9月8日からはTVCMも全4種類(「バス上篇」「バス中篇」「雨篇」「夜篇」各15秒)、全国(一部地域を除く)OAされる。

◎坂口健太郎&忽那汐里-インタビュー
Q. 撮影の感想を教えてください。
坂口:新しい空間にポンっと入ってしまったような、ちょっと非現実的なシチュエーションですが、感情の動きはとてもリアリティがあると感じました。忽那さんとの距離も、前回より縮まった、可愛らしい動画になったのではないかと、撮りながら思いました。
忽那:今回は物語がしっかりあって、いつものお芝居の延長線のようでした。だけど、設定とかはなかなか(現実には)なかったりして、楽しかったです。

Q. お互いをカメラで撮影する設定ですが、普段から写真は撮りますか?
坂口:写真は好きですけど、趣味レベルです。けれど、今回の撮影で(思ったのですが)ファインダー越しに覗くと(普段と違う世界に見えて)ドキッとするんですよね。それが新しい感覚だったかもしれないです。
忽那:人物が圧倒的に多いですけど、何でも撮影します。でも、今日のカメラはよくピントが分からなくて……。
坂口:そう! 難しいよね!
忽那:そうなんですよ、「あれ? あれ?」って。後でよーく見てみます。

Q. この冬に出会いたいことやものは?
坂口:人と会うってやっぱり面白いから、(機会を)増やしていきたいと思ってます。
忽那:身体を動かすことに出会いたいです。最近(ゴルフの)打ちっぱなしには行くようになったんですけど、まだ自信が無くてコースには出られてなくて……。だからデビューしたいです。

◎動画情報
TVCM「であうにあうMOVIE」
2017年9月8日(金) 放送開始
放送地域:全国(一部放送されない地域もございます。)
CM秒数:15秒(全4種)
・「雨、のち、秋、冬。」-Full version-:https://youtu.be/slzU1vzwndM
・メイキング動画:https://youtu.be/yc2ndR7pjcs
・インタビュー動画:https://youtu.be/ZgQG1T-cNgo

関連記事リンク(外部サイト)

ウカスカジー(桜井和寿&GAKU-MC)「niko and …」に楽曲提供! 坂口健太郎&忽那汐里とのコラボ実現
miwa&坂口健太郎『君と100 回目の恋』中国公開&中国リメイクが決定
miwa、福岡公演で坂口健太郎がサプライズ登場 2人で「アイオクリ」披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。