ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マリー・ローランサン美術館が東京にオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マリー・ローランサン美術館が東京にオープン
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。9月6日(水)のオンエアでは、この夏、東京にお引越ししてきた「マリー・ローランサン美術館」に注目しました。

ローランサンは1883年生まれ、20世紀前半にフランスを中心に活躍した女性画家です。ピカソやブラックと一緒に、“フォービズム”や“キュービズム”といった新しい絵画の運動に従事し、男性画家ばかりだった中で女性画家としてたった一人、成功をおさめました。

この7月、紀尾井町にあるホテルニューオータニ内にオープンした、マリー・ローランサン美術館館長のお話によると、当時まで絵画の世界は男性優位で、それまでの絵画の理論もすべて男性が作ってきたそう。女性画家もいましたが、ローランサンは「彼女たちはみな男性画家の真似をして描いている。私はそうじゃない。私は女性の感性で、女性が美しいと思うものを描きたい」と言ったとか。

ローランサンの作品には女性を描いたものが多く、男性画家には出せなのではというような淡い色彩を多く使い、優雅な曲線で美しく描かれた女性像で独自の画風を確立しました。

またローランサンは、肖像画家としても成功したそう。彼女に肖像画を描いてもらうのが当時のステイタスで、「自分も社交界にいる」証明となったそうです。

たくさんの依頼者の中には、ローランサンと同い年で、デザイナーとして成功したココ・シャネルもいたとか。ただ、シャネルは出来上がった絵が気に入らず、描き直しを要求したそうです。それに対してローランサンは、「シャネルはしょせん田舎者、パリの芸術なんてわかるわけないわ」と言った、と言われています。ローランサンは結局その絵を画商に売ってしまい、シャネルは肖像画を受け取ることができなかったそうです。

ローランサン作品の世界最大のコレクターは日本人。それが現館長のお父様で、タクシー会社グリーンキャブ創設者の高野将弘さんです。パリの画廊でローランサンの作品に出会ってからその魅力にとりつかれ、数十年かけて600点以上の作品を収集。1983年に長野の蓼科高原に美術館を開館しましたが、2011年、震災などの影響もあり閉館。その後の6年ほどはパリで里帰り展を行ったり、日本各地で展覧会をやっていたそうですが、ぜひ常設をということで、今回、再びオープンさせたそうです。

今は再オープンを記念した回顧展を開催中。ローランサンが画学生だった頃から、ピカソたちとの時代、第一次世界大戦でスペインに亡命していた時代、そして最晩年まで、油彩だけでおよそ62点代表的な作品を展示しているそうですよ♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。