体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心揺さぶる、傑作アドベンチャー『OneShot』 唯一無二の結末が貴方を待つ

筆者が初めて触れたゲームは、おそらく1989年にリリースされたゲームボーイのバットマンだったと思う。それから28年あまり、ゲームの魅力は未だに筆者の心を捉えて離さず、刺激的に、感傷的に、赴くままにゲームプレイを重ね、気付けばその数は1000を有に超えてしまった。

心に深く突き刺さり、生涯忘れられなくなったタイトルも多い。今回紹介する『OneShot』も、まさにその一つだ。

『OneShot』の全てを見届けた時、筆者が今までプレイしてきたどのゲームにも無かった衝撃を受けた。大仰かもしれないが、ゲーム観が変わってしまったかもしれない。それほどだった。

紹介を始める前に一つだけ言っておきたいことがある。もしも貴方がこのゲームに少しでも興味を持っているのなら、どうかこのまま記事を読まずにゲームを手に取っては頂けないだろうか。もちろんプレイヤーのスタイルはそれぞれであるし、お金を払って買う以上、慎重になって情報を集めるのも理解できる。

しかしこの『OneShot』というゲーム、知らなければ知らないほど、得られる体験は無二のものになるのだ。今初めてこのゲームを知ったというのなら、それは幸運といえるし、絶好のチャンスでもある。

貴方のゲーム体験は貴方にしか守れない。どうか大切にして欲しい。
 
image4
 
『OneShot』はLittle Cat Feet (Team OneShot)により開発されたパズルアドベンチャー。元はRPGツクール2003製のフリーゲームで、海外のインディーゲームコンテストにおいて受賞を果たしたことにより、現在の形にリメイクされた。Steamでは昨年の12月にリリースされており、現時点で3000件を超えるユーザーレビューは「圧倒的好評」を得ている。

本作はこれまで英語にしか対応していなかったが、本日9月7日、ついに日本語へ対応した。

【祝】本日9月7日、OneShotの日本語をリリースいたしました。
開発チームのNightmarginからは、日本リリースを祝う描き下ろしイラストが到着!大好きなパンケーキでニコもお祝い中です! #OneshotGame https://t.co/xKME0fokx3 pic.twitter.com/DSMMBkuAp9

— DegicaGames (@DegicaGames) 2017年9月7日

作品の性質上、魅力を語ろうとすればするほど核心に迫るネタバレになってしまうので多くは語れないが、その上で可能な限りこの作品の良さを伝えられたらと思う。

なお、筆者が記事を執筆するに当たってプレイしたバージョンは開発段階のものであり、製品版とは一部異なる部分があるかもしれないことをご了承頂きたい。

救世主は太陽を携え、世界の中心を目指す

物語は、薄暗い部屋で「ニコ」が目を覚ますシーンから始まる。暗闇で光る特徴的な黄色く大きな瞳、変わった形の帽子は頭に生えた耳をすっぽりと覆っており、まるで猫のような印象を受ける。表情にはまだあどけなさが残る子供だ。自分がなぜここにいるのか分かっていないが、それは記憶を失っている訳ではなく、目が覚めたら知らない場所にいたということらしい。
 
image22
 
プレイヤーはまず最初に、ニコを操作して無人の家を探索することになる。基本としてはマップの気になる場所を調べてアイテムを入手、それらを組み合わせて適切な場所で使用してパズルを解いていく、という脱出ゲームの要領で進行していく。
 
image2
 
やがて地下室へ辿り着いたニコは、そこで大きな電球のようなものを見つけることになる。ニコがそれに手を触れると煌々と輝きだし、周囲を照らし始めた。小さな身体で電球を抱え、ニコは無人の家を後にする。
 
image15
 
家を出てニコが辿り着いたのは、荒れ果てた大地だった。夜なのか辺りは真っ暗で、使われなくなった線路や朽ちた建物、それに動かなくなったロボットの残骸が点在している。水面にはキラキラと何かが輝いていて、まるで夜空が地上に落ちてきたかのような幻想的な光景が広がっている。

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。