体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【魚のプロ・森田釣竿氏に教わる】絶品すぎる「アジのりゅうきゅう」のつくりかた 【超シンプル】

f:id:Meshi2_IB:20170801143718j:plain

絶品!「アジのヅケ りゅうきゅう」のつくりかた

千葉県浦安市、堀江三丁目。

もともとは漁師町だったこの地も、今はありふれた郊外の姿である。

そんな住宅街の片隅に、先日ひとりの男が鮮魚の新店舗をオープンさせた。

f:id:Meshi2_IB:20170720124355j:plain

浦安魚市場で天然マグロ・クジラ専門店を営む老舗「泉銀(いずぎん)」の三代目、森田釣竿(もりた・つりざお)氏である。

f:id:Meshi2_IB:20170801153138j:plain

森田氏は、伝説のフィッシュロックバンド「漁港」のリーダー(ボーカル・包丁担当)。『メシ通』でも話題となったこの記事を覚えている方もいるかもしれない。

www.hotpepper.jp

さらに森田氏は、昨年より水産庁長官から魚食文化の普及と伝承に努めている方だけが選ばれる「お魚かたりべ」に任命された。「日本の食文化を魚に取り戻し鯛(たい)!」と日夜奮闘中なのである。

f:id:Meshi2_IB:20170720124313j:plain

バンドマンとしての森田氏の勇姿は、こちらの動画を参照されたい。

まさに潮の匂いの似合う、男の中の男……。

f:id:Meshi2_IB:20170720124136j:plain

ちなみに現在、6thシングル「イカ」を絶賛発売中だ。

gyoko.thebase.in

ところで皆さんは普段、おいしい魚を食べたいときに、どんなお店で魚を選んでいるだろうか?

もちろん「地元のなじみの魚屋さんで!」とカッコ良く答えてもらいたいところだが、実は街場の鮮魚店は年々衰退の一途をたどっている。

昭和47年には55,000軒を超えていた日本の鮮魚小売店、いわゆる町の魚屋さんは、現在、全国で14,000軒までに減少してしまっているのだ(水産庁・平成28年度水産白書、総務庁統計局・平成26年経済センサス基礎調査結果より)。

これは人口1万人に対して、魚屋さんはたった約1軒という、極めて少ない数字。

そんな魚屋業界の惨状を憂いた森田氏が

これは何とかしないと烏賊(イカ)ん!

と、立ち上がった。

f:id:Meshi2_IB:20170801151121j:plain f:id:Meshi2_IB:20170720124332j:plain

浦安市場にある家業の場内店を飛び出して、さらに浦安の街なかに「泉銀2号店」を町の魚屋さんとして開店したのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170720124230j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。