ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『スターウォーズ』、ハン・ソロのスピンオフ作品にポール・ベタニーが出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


9月1日(現地時間)、ロン・ハワード監督はツイッターで、ポール・ベタニーが映画『スターウォーズ』のハン・ソロを主役とするスピンオフ映画に出演することを発表した。

ハワードはベタニーとのツーショット写真を載せ、「アウター・リムがより一層騒がしくなった」とツイートした。続くツイートでは、「ポールと一緒に仕事ができるのはこれで3回目。彼はとても楽しく、才能溢れる人物だ」と呟いた。



フィル・ロードとクリストファー・ミラー両監督が創作上の相違を理由に降板し、その後をハワード監督が引き継いだ。現在、映画の再撮影が進行中で、2018年5月25日に米劇場公開を予定している。

マイケル・K・ウィリアムズが映画『The Red Sea Diving Resort(原題)』に集中するために作品を降板し、続いて映画『ビューティフル・マインド』やマーベルの映画『アベンジャーズ』で知られるベタニーがキャスティングされた。ハン・ソロ作品の撮影を終え、『The Red Sea Diving Resort(原題)』に出演することになったウィリアムズは、再撮影に参加することができなかった。

ロードとミラーが降板した後、映画は予定通りに進行中だ。2人はプロデューサーとルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ、共同監督兼エグゼクティブ・プロデューサーのローレンス・カスダンと衝突していた。かつて映画『LEGO(R)ムービー』や映画『21ジャンプ・ストリート』を監督していたロードとミラーは、ストーリーラインにユーモアを取り入れたりアドリブを促すことを望んだが、カスダンはそれを認めなかった。

ハワードが監督を引き継ぎ、ワーウィック・デイヴィスも参加した。7月、デイヴィスとハワードは、映画『ウィロー』以来、約30年ぶりの協業であることを発表した。デイヴィスは映画『ハリー・ポッター』シリーズにも出演している。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。