ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“履き心地にこだわりながらもエレガント”な新作パンプス情報

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

そろそろ「ナマ足」×「サンダル」は終了の季節。秋になるとシックなパンプスで、グッとオトナ度を上げたくなってくる。この秋、“オシャレなパンプスほど足にはツラい”、という女性の共通認識を覆してくれそうな新作パンプスが続々登場中。これはチェックするしかないでしょ!ということで、履き心地にこだわりながらもエレガントな新作のパンプスを3つピックアップした。この秋のパンプス選びの参考にして欲しい。


1.fitfit(フィットフィット)の「パンプニーカー」
機能とデザインを兼ね備えた靴「fitfit」の人気シリーズ、「パンプニーカー」。軽度な外反母趾でも「エレガントな、ポインテッドトゥ(つま先が細くなる靴)が履きたい」という声に応えるため、2016年8月から発売が開始され、現在ではシリーズ累計約6万足の売上を達成している。熟練の職人の手により100以上の工程から作られており、返りがよく足にやさしい「半ボロネーゼ製法」を採用するなど、パンプスのようなルックスさながらスニーカーのような心地よさを実現しているこのシリーズに、2017年秋冬モデルが登場。すでに発売中の、トレンドの“スクエア型のヒール”をポインテッドパンプニーカーで初めて採用した「スクエアヒールパンプニーカー」の他、「パンプニーカー」シリーズ初のブーツや、足を綺麗にみせてくれるV字カットデザインの「Vホールドパンプニーカー」なども順次販売される。エレガントなシーンでのオシャレの幅が広がりそうだ。


2.Reflect(リフレクト)の「やみつきパンプス」
“一日中履いても疲れにくく、長く歩いても痛くなりにくいパンプスをつくりたい”との思いから開発が始められた、働く女性のためのファッションブランド「Reflect」の「やみつきパンプス」が、今シーズン、機能性をさらに進化して登場だ。デザインは、アーモンドトゥを継続。甲部分をVカットにすることで、足先をほっそりシャープに見せてくれる。履き心地を左右するつま先部分は、芯材をやわらかいものに変更し、足指のあたりがさらにソフトになった。素材は、本革(羊革スエード)を使用しており、履きこむほどに足になじんでくる。価格は1万1000円(税別)、文字通り、やみつきになりそうなパンプスだ。


3.BIBLEの「カスタムオーダーパンプス」
いつでもどこでも自分だけのデザインのパンプスがスマートフォンからオーダーできるのがBIBLEの「カスタムオーダーパンプス」だが、期間限定のポップアップショップなら実際の履き心地が確かめられるので、より納得してのオーダーが可能だ。15モデル、9素材28色を組み合わせ、リボンのカスタマイズを含め約700種類から本当に欲しい1足だけを作ることができる。木型は前滑りしにくいように、後ろに重心が残る前後の高低差の小さい型を使用、つま先には柔らかなクッションを入れて痛みを軽減。長時間履いても、履き心地が良くなるよう工夫されている。価格は1万7280円~2万520円(税込)。ポップアップショップの9月のスケジュールは、9月12日(火)まで新宿髙島屋、9月20日(水)~9月26日(火)玉川髙島屋、10月4日(水)~10月17日(火)日本橋髙島屋、10月25日(水)~10月29日(日) 小田急百貨店新宿店、11月1日(水)~11月14日(火)日本橋髙島屋。自分にピッタリのお気に入りの一足が作れそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。