ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GoogleマップがAndroid 8.0 Oreoのピクチャー・イン・ピクチャーに対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android 用 Google マップが最新版で Android 8.0 Oreo で導入されたピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)に対応しました。アプリを閉じても小窓で動画の再生などを継続 PIP 機能は Android Nougat では Android TV だけに提供されていましたが、Android Oreo ではスマートフォンとタブレットでも利用できるようになりました。現在までに PIP をサポートしているアプリは YouTube や Google Duo などごく僅かで、しかも小窓化するのは主に動画でしたが、Google マップではナビゲーションの画面を小窓化します。Google マップで PIP を利用するにはナビを実行中二ホームボタンを押します。すると地図と進路案内が小さなま PIP 枠に表示されるようになり、こまでのように音声だけではなく地図を見ながら別のアプリを利用することができます。Google マップの PIP 機能は 2 週間前に発表されていますが、実際にはまだ利用できない人がほとんどです。Google によると、今後 2 週間の間には多くのユーザーで有効になる見込みとのことです。

■関連記事
Google Pixel 2は10月5日に発表か? カスタマーサポートの求人情報も流出
旅行計画アプリ「Google Trips」がようやく日本語に対応
LG V30、Xperia XZ1、Galaxy Note 8がNetflix HDRに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。