体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今すぐ知っておきたい!】Webデザイナーの転職に必要なスキルとは

IT関連の職種で「Webデザイナー」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。

プログラミングやWebマネジメントなどIT関連の専門職は多様化し、増加傾向にあります。転職先として、または独立したフリーランスとしてWebデザイナーになるという人も多くいます。

この記事ではWebデザイナーが転職する上で、どういったスキルを持っておくと良いのか紹介しています。

Webデザイナーがどんな仕事を担当する人なのか、詳しく知りたい方はWebデザイナーとはも合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

Webデザイナーとは

ITに詳しくなくても「デザイナー」という仕事はご存知でしょう。アパレル関連の商品をデザインする人をファッションデザイナーといいます。同様にWebサイトのデザインを手がける仕事をWebデザイン、それを行う人をWebデザイナーと呼びます。

取引先は様々で企業や個人のクライアントまでいます。

会社のホームページやサービス紹介のランディングページ、実際のWebサービスなど、受託にせよ自社事業にせよイメージしているWebサイトを実際に形にしていくのがWebデザイナーの仕事です。

 

Webデザイナーが転職する上で必要なスキル

まず、Webデザイナーになるための特別な資格は不要です。つまり誰でもいつでもWebデザイナーになるチャンスはあります。しかし、知識とスキルは最低限ないともちろん仕事の依頼はきませんし、転職して会社に入ることもできません。

これでまIT業界やWeb関連の仕事をしていた人はある程度の経験とスキルが備わっているので、Webデザインに特化した勉強を+αですれば、即戦力として採用されやすい傾向にあります。

また、全く異業種からの転職の場合、事前にWebスクールなどに通って、Webデザイナーとしての最低限のスキルを身につけておくと良いでしょう。

 

必須の知識やスキル

Webデザイナーを志す上で必要な最低限のIT知識は「HTML」と「CSS」です。

この2つはWebサイトの構築やデザインをする際に切っても切り離せない言語だからです。プログラミング言語の中でも比較的容易に身につけることができるので、転職を考えている人には必須の知識、スキルといえます。

 

必須のデザインツール

HTMLやCSSを身につけている人は山ほどいます。この2つに加えて「Illustrator」や「Photoshop」の使い方を学んでおくと、デザイナーとしての仕事のスキルが上がります。

 

会社選びのポイント

Webデザイナーの転職で最初の壁は会社選びです。Webデザイナーという職種は会社によって定義がまちまちなのです。自分のしたい仕事が実現できる会社はどこなのかを見極めないと、せっかく転職しても失敗に終わる可能性もでてきます。

まずは自分が何をしたいかを明確にしておくと良いでしょう。

 

Webデザインに特化したスキルを高めたい場合

デザインスキルをもっと磨いてWebデザイナーとしての能力を高めたいと思っている人は、Web制作をしている会社が良いでしょう

Web制作会社の仕事は基本的にクライアントから依頼されたWebサイトを作成することです。Web制作会社のデザイナー職は、Webサイトのワイヤーフレーム、プロトタイプの作成、HTML/CSSでのコーディングが主な業務です。

IllustratorやPhotoshopを使ったデザイン業務とHTMLやCSSを使ったコーディング業務を中心に仕事を進めていきます。Webデザインに特化して専門的な仕事をしたい人はWeb制作会社がおすすめです。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。