体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徹底比較】誰でも手軽にメルマガを送れる!メール配信システム10選

自分でメルマガを配信したいと思ったとき、気になるのがメール配信システムです。今やその数も多く、使える機能も様々です。どのメール配信システムが自分にあっているかを検討しなければなりません。

この記事では主なメール配信システムの料金や特徴を解説しています。検討メール配信システムを利用する上で材料にしてみてください。

 

1. ワイメール

特徴

業界トップクラスの機能性(一般的にメール配信に必要な機能が全て実装されている)
業界トップクラスの高コストパフォーマンス
仮想独立サーバーで安心
操作がシンプルなので初心者でも使いやすい

料金

毎月自動契約:月額4,980円
6ヶ月分前払い:5,460円/月
12ヶ月分前払い:5,250円/月

※全てのプランに初期費用が10,500円かかる

ワイメール

 

2. イージーメールフォーム

 

特徴

プログラムの知識がなくても各種メールフォームを作ることができる
システムの設置作業はFTPアップロードとデータベース設定のみで手軽に設置できる
複数のフォームを一元管理できるので使いやすい
自動メール返信機能や保存されたメールデータを出力する「CSV出力機能」付き

料金

ダウンロード版(購入型)

システムを利用者のサーバーに設置して使うことができます。

59,800円(税込)

ASP版(月額制)

サーバーの準備や設置作業が不要なので、手軽に利用できます。

月額5,980円(税込)

イージーメールフォーム

 

3. メールスマート

 

特徴

顧客管理向けメール配信システム
メール配信リストに対して一斉にメール送信を行うことができる
CSVインポート&エクスポートが容易に使える
メールテンプレート機能や添付ファイルの管理を行える機能付き
既読チェックやURLのクリック回数も測定できる

料金

ダウンロード版(購入型)

システムを利用者のサーバーに設置して使うことができます。

98,000円(税込)

ASP版(月額制)

サーバーの準備や設置作業が不要なので、手軽に利用できます。

月額9,800円(税込)

メールスマート

 

4. 問いマネ

 

特徴

メール共有や管理に特化したASPタイプのメールソフト
WEBブラウザからも見ることができるので、ネット環境が整っていればいつでも閲覧や返信ができる
複数人でメールを共有できる
重複返信や対応漏れ防止機能がついているので安心
EC関連企業での導入が多い

料金

スタンダードサーバープラン

月額2,840円(税抜)

アドバンスサーバープラン

月額5,000円(税抜)

※両プランとも初期費用10,000円(税抜)
※1年契約で1ヶ月分の料金が無料

問いマネ

 

5. シンプルメール

 

特徴

添付ファイルの自動パスワード設定&Zip暗号化
万が一、誤送信してしまった場合もダウンロード前にファイルの削除が可能
Google Apps、Office365との相性も良い
添付ファイルサイズ最大1GBまで可能

料金

月額固定料金制(何人で利用しても固定料金)
スタンダード:月額9,800円(1ヶ月契約)
プロ:月額14,800円(1ヶ月契約)
ビジネス:月額22,800円(1ヶ月契約)

※全て初期費用は0円
※年間契約で割引あり

シンプルメール
1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。