体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒーローイメージで印象を大きく変える10のデザイン事例

本稿は、Smashing Magazineのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、UI/UXデザイナーのNick Babich氏によって投稿されました。

 

あなたのWebページを訪問したユーザーは、何らかの反応を示すでしょう。 ユーザーの反応は、肯定的であれ否定的であれ、大部分は彼らが何を見るかによって決定されます。 視覚はおそらく人間の最も優れた感覚であるため、ヒーローイメージは、ユーザーの関心を引く最も手っ取り早い方法の1つといえます。

大胆で、グラフィックを使用した、メッセージ性の強い画像は、ユーザーの関心を引きます。 ヒーローイメージすぐにユーザーを惹き込み、ミニマリストデザインのアプリやWebサイトにおいて完璧な中心的存在となるでしょう。

ヒーローイメージは単なる美しい画像以上の存在です。それは強力なコミュニケーションツールです。この記事では、ヒーローイメージの使用に関するヒントをいくつか紹介します。

 

1. Webサイトの内容と関連性を持たせる

ヒーローイメージは導入として考えてください。ヒーローイメージはユーザーに、Webサイトの他の部分に何を期待できるかを連想させるものです。ヒーローイメージの目的は、あなたのWebサイトが何であるか、また伝えたいアイデアは何であるかを、瞬時に訪問者に伝えます。

ヒーローイメージがWebサイトのコンテンツの意図を上手く伝えていない場合、ユーザーに役立つものにはなりません。かえって画面上の貴重なスペースを無駄に使い、ときには混乱の原因にさえなります。画像がブランドや製品に対する先入観に合わないと、ユーザーは混乱します。

悪い画像選択の代表的な例、誰もがこの画像(上記参照)が銀行ローンに関連することに気づくとは限りません。

画像選びは妥協してはいけません。あなたが創造しようとしているキャンペーン、テーマ、目的に合うものを選んでください。上記のLunet Eyewearのヒーローイメージを見てください。Webサイトのメッセージを明確に伝えています。画像のコンテンツはブランドを表しているのです。

 

製品の宣伝または販売のためにWebサイトを使用している場合、ヒーローイメージの利点を活かすことができるはずです。

製品のコンテクストに合うヒーローイメージを使用してください。そして、製品の外観だけでなく、実際の設定で製品がどのように機能するかを示しましょう。

製品を販売する最良の方法は、商品それ自身に販売させることです。ヒーローイメージは製品のメリットのデモを行うことができます。

デジタル製品やサービスについても同様です。互換性のあるデバイス上でのスクリーンショットのモックアップを作成し、あなたのアプリやサービスの使用感を人々に伝えましょう。

Slackは、ヒーローイメージとしてアプリのインターフェースを採用しています。

もちろん、ヒーローイメージのデザインと選択は難しいことです。そこで、Angie Schottmuller氏はヒーローイメージの判断基準として、7つのポイントで構成されるフレームワークを作成しました。
キーワードの関連性

1 2 3 4 5次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会