体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビジネス職・技術職別】面接で聞いておきたい逆質問まとめ

「何か聞いておきたいことはありますか?」という面接でほぼ必ずある逆質問の時間。

「特にありません」なんて答えていませんか?

実はこの逆質問、適切な質問をすることでミスマッチを防いだり、自身の印象を強めたりすることができます。

ここでは、面接時の逆質問を通して聞くべきポイントについて解説していきます。ぜひ、これからの面接対策の一環として、最後まで確認してみてください。

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

 

逆質問っておまけみたいなものだと思ってたんですけど、面接の評価にも入るんですか?

 

 

入社意欲であったり質問力を見てる企業もあるので、とても重要ですよ!

 

 

どういう質問をすれば良いか分からないんですが・・・。

 

 

これから詳しくポイントを解説するので、覚えていきましょうね!

 

 

目次

逆質問のポイント
ビジネス職編
エンジニア・デザイナー職編

 

逆質問のポイント

さて、面接で必ずといっていいほど、聞かれる「なにか聞きたいことはありますか?」という逆質問。

この逆質問をする上で重要なポイントは次の2点です。
興味、意欲を持っているとアピールできる質問をすること
自身が入社した際のギャップを減らす情報を入手すること

順番に解説していきましょう。

まずは、興味、意欲を持っているとアピールできる質問をすることについて。

こちらが質問できるとはいえ、面接中。

面接官は「意欲があるか」「企業や業務について理解はできているか」など逆質問の時間でも目を光らせています。

そのため、より会社や業務に踏み込むことで応募ポジションへの理解を示しつつ、且つ業務への意欲をしっかりと伝えましょう。

 

しかし、アピールばかりに夢中になってはいけません。より重きを置きたいのが後者、自身が入社した際のギャップを減らす情報を入手することです。

逆質問はあなたにとってその会社が“入社するにふさわしい”かどうか、見極めるチャンスでもあるのです。

入社後「思っていたのと違う・・・」なんてことにならないよう、自身が企業に期待するものがその企業に備わっているのかどうか、

要点を抑えながら企業や業務の「本当のところ」を正しく掴むことを怠らないようにしましょう。

 

次はそんな逆質問について主にIT業界のビジネス職技術職ごとに聞いておくべきことをまとめました。

1 2 3 4次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。