体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【初心者必見!】Webデザイナーが持っておくべき「ポートフォリオ」とは

Webデザイナーとして就職・転職する上で欠かせないのがポートフォリオ。

この記事では、事例も紹介しながらポートフォリオとは一体なんなのか分かりやすく解説しています。

Webデザイナーがどんな仕事を担当する人なのか、詳しく知りたい方はWebデザイナーとはの記事も合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

Webデザイナーに必須のポートフォリオとは

Webデザインを仕事にしている人は増えてきて、インターネットを使った仕事の受注や就職においてもその競争率は高くなってきています。そのとき重要になるのがアピールの方法です。

Webデザイナーの場合ポートフォリオという形で、自分の実績やスキルを相手に示すことができます。ロゴやバナー、Webサイトのデザインなど今まで作ってきたものをポートフォリオにまとめておけば、何を作ってきたのか一目で理解できます。

転職のしやすさにも良い影響を与えますし、フリーランスとして働く上では必ずと言っていいほど持つべきでしょう。

 

ポートフォリオの作り方

ポートフォリオは内容を詳細まで決められているものではありませんが、ある程度基本となる情報は載せておく必要があります。

まず、作ったWebサイトのタイトルとURL、スクリーンショットです。スクリーンショットがなければ文字での紹介となり意味がなくなってしまいます。

また、制作にかかった時間や、自己紹介もまとめておくことで面接時の質問を誘導することにも一役買います。

印象に残るようなデザインにすることは大切ですが、統一性を失ってはかえってごちゃごちゃとした印象になってしまうため見やすさを意識することも忘れてはいけません。

WordPressで使えるポートフォリオ用テーマも紹介しているので、手軽に作ることも可能です。

 

イケてるポートフォリオの事例

ポートフォリオを始めて制作する場合には特に、他人のポートフォリオを参考にすることでイメージが掴めるようになります。

Webデザイナーの成果物の居場所はすべてインターネット上にあるため、検索すればすぐに見つけることができます。ここでは、その中でも著名人の作ったポートフォリオの事例を紹介します。

Mana

ManaさんはWebデザイン界でも有名でポートフォリオの参考事例としてよく紹介されています。わかりやすさが特徴のデザインとなっています。

ポートフォリオ

 

フクシマナオキ

こちらは1ページにすべてを収めた構成が特徴的なポートフォリオです。ページを新たに読み込むことなくスクロールのみで見ることができ、ストレスのない見せ方ができています。

ポートフォリオ

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。