体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【IT業界】転職の面接でよく聞かれる10の質問とその対策

転職でよく聞かれる質問を厳選して紹介しています。

初めて転職活動をする人は、「なぜその質問をするのか」「どう答えれば良いのか分からない」と思っている方も多いでしょう。この記事では、インターノウス社でIT企業への転職サポートをされてきた兵藤さんにポイントをまとめてもらいながら解説しています。

NG例なども解説しているので、これから面接をする人はぜひ覚えておきたい内容でしょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

目次

前職についての質問
転職活動における質問
働くスタイルに関する質問
最低限おさえておきたい話し方3箇条

 

前職についての質問

 

–前職の退職理由は何ですか?

採用担当者が見ているポイント

・未経験であれば、どういう思いでこの職種を目指そうと思ったのか

・マイナスな退職な理由ではないかどうか

実績があまり無い仕事にこれから就く場合、「将来こうなりたい」と具体的なエピソードを話しましょう。

NG回答例

「給与が低い」 「手に職をつけたい」

「手に職をつけたい」という回答は意外と多いですが、他の職種でも良いという見られ方をするので、思っていても言わない方が良いです。

エンジニアを目指しているのであれば、好きなゲーム名やサービス名をあげて、自分でも作りたいと思った具体的なストーリーを話すと良いでしょう。

 

–今までの仕事で不満に感じることはありましたか?

回答する上での重要ポイント

・他責になることは絶対言わない

・自分がもっと出来たという自身への不満はOK

採用担当者も採用した後にどういう働き方をするのか見ています。「能動的に働けます」というアピールにつながるようなエピソードを話すようにしましょう。

 

–今まで辛かったことと、それをどう乗り越えましたか?

回答する上での重要ポイント

・ストーリー性が大事(辛かった出来事を具体的に話す)

・辛かったことを乗り越えれた理由、きっかけ、乗り越えるためにした行動、費やした時間を話す

「すごく」「とても」頑張ったではなく、問題を解決するのにどれくらいの時間を費やしたのか数字で説明する必要があります。

NG回答例

「上司が厳しかったから我慢した」

「我慢」というのは何かの問題解決ではないので、自分でアクションを取って乗り越えた事例を話しましょう。

 

転職活動における質問

 

–当社を志望した理由は何ですか?

回答する上での重要ポイント

・自社事業:自社サービスのどういうところを魅力に思ったのか伝える

・受託事業:「自分が成長できると思ったから」など会社の考え方と自分の目標がマッチしたことを伝える

NG回答例

「東京都内で働きたい」など、IT業界すべてに該当するもの

誰しも「立地」「給与」「福利厚生」などの基準で判断していると思いますが、入社した時点で達成できてしまう志望理由は言わない方が良いでしょう。

 

–他に受けている企業はありますか?

採用担当者が見ているポイント

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。