体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【完全保存版!】システムエンジニア(SE)の仕事とは

システムエンジニアとはどんな仕事をする人なのか詳しくまとめています。

システムエンジニアになる上で取得しておきたい資格、実際に働く人の給料など関連する情報を網羅して解説しています。これからエンジニアを目指したい、プログラマーとの違いを知りたいと思っている人は、ぜひ知っておきたい内容でしょう。

どんな勉強を始めたら良いのか分かるはずです。

 

目次

システムエンジニアとは
システムエンジニアの種類と仕事内容
システムエンジニアの平均年収
システムエンジニアになるには
システムエンジニアに関連した情報処理技術者試験の資格
システムエンジニアになる上で読んでおきたい本
システムエンジニアに関連したITSSの職種まとめ
自分で手を動かしたい人はプログラマーを

 

システムエンジニアとは

システムエンジニアはどんな仕事をする人でしょうか。同じような職種のプログラマーと比較して述べましょう。

プログラマーは与えられた設計書に従って適切なプログラミング言語を用いてプログラムを作成する人です。ITについて限定的な知識を持っているだけでも役に立ちます。

 

システムエンジニア(SE)はプログラミングだけでなく、システム全般について構築の責任を持つ人です。

お客様にヒアリングをしてお客様の要求に基づくシステムの仕様を固め、システムの全体像の設計をし、プログラムの詳細仕様を詰めてプログラマーに渡します。

また、出来上がったプログラムをテストし、システムがエラーなく動くようにテスト段階の管理をします。

システム開発の上流から下流に至るまでの作業を行い、最終的な製品をお客様に渡すまで、すべての作業を責任もって行う人です。

家の建築に例えれば、プログラマーが大工さんだとすると、SEは設計士や現場監督に当たります。

 

システムエンジニアの種類と仕事内容

日本の一般的な企業では、入社してすぐにプログラマーとして働くことになります。

何年か経験を積んでくると、今度はシステムエンジニアとしての仕事を任されます。通常は5~6年の経験が必要ですが、仕事の種類によっては2~3年でシステムエンジニアになることもあります。

システムエンジニアは一般的にプログラミングの前段階である設計(基本設計とかシステム設計という)を担当しますが、設計のさらに上流工程である企画・要求分析段階を担当するSEを特に上級SEということがあります。

従来は、「プログラマー、SE、上級SE」という用語が一般的でした。上級SEは誰でもなれるものではなく、発注側の担当者や、大規模な仕事を一括して請け負うSI事業者のプロジェクト全体を統括する人がなるのが普通でした。

 

最近では、経産省の「ITスキル標準(ITSS)」という職種分類が主にメーカーやソフトウェアベンダーの間で普及してきており、名称もそれに従ったものに変更されることが多いようです。

 

プログラマーに相当する初級レベルを卒業したエンジニアは各種の職種に分かれます。

主に客先の仕事を受注して構築する人を「アプリケーションスペシャリスト」、従来の上級SEに相当する役職を「ITアーキテクト」といいます。また、ネットワークやデータベースのような専門性を追求するエンジニアを「ITスペシャリスト」といいます。

SEはこのどれかになりますが、このほかに「プロジェクトマネジメント」という職種もあります。

SEを何年か経験すると、開発の仕事とは関わりのない人員管理や予算管理などの仕事をする管理職の仕事に就くことが多かったのですが、プロジェクトマネージャーはSEと管理職を統合した職種で、開発プロジェクト全体の責任を持ち、そのうえで人員や予算管理もする役割を持っています。

 

システムエンジニアの平均年収

「平均年収.jp」によると、30代前半のシステムエンジニアの平均年収は511.7万円となっています。

また、「年収ラボ」によると、平成27年のシステムエンジニアの平均年収は591万円( 平均年齢38.0歳となっています。

1 2 3 4次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。