体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泊まれる立ち飲み屋さんって需要あるの?看板女将のももちゃんに聞いてみた【福岡・大手門】

f:id:mesitsu_lb:20170731104327j:plain

コンセプトは「飲んで泊れる」お店

ここ数年、つぶれるまで飲んだことが無いライターの桂ですこんにちは。

20代の頃は酔いつぶれて五反田の路上で寝てしまい警察を呼ばれたこともありますが、年齢を重ねるといろいろ自重するのでどれだけ飲んでもきちんと家まで戻って寝ます。記憶があるかどうかは別として。

さて、2017年6月、福岡に新しいコンセプトの店が誕生しました。曰く、「泊まれる立ち飲み屋」とのことで、立ち飲み屋に宿泊施設を併設したお店だそうです。店名は「STAND BY ME」。某クラウドファンディングで400万円弱を集めたことでも名が知られており、きっとご存じの方も多いのではないでしょうか。

ところで、「泊まれる立ち飲み屋」と聞くと、どうしても「酒飲みが酔いつぶれて家に帰るのがめんどくさくなってそのまま店で寝る」というイメージですよね。ただ、ここは福岡。どれだけ酔って終電が無くなったとしても、タクシー使って1,000円~2,000円で帰宅できる人が大半のはず。泊まれる立ち飲み屋に需要はあるんだろうか……?

そんな疑問を抱きながら今回レポートにお邪魔してみました。

下が立ち飲み、上がホステル

f:id:mesitsu_lb:20170731104841j:plain

今回ご対応いただいたのは笑顔がステキなお店の看板女将「ももちゃん」。

まずはホステル(宿泊施設)フロアを見せていただくことに。このSTAND BY ME、1Fが立ち飲み、2~3Fがホステルとなっているようです。

上のフロアへは、1Fから階段を使って登っていきます。

f:id:mesitsu_lb:20170731104913j:plain

扉を開けると冷蔵庫や電子レンジがあり、簡単な食事をたべたりPCで作業したりすることができる共有スペースになっています。

f:id:mesitsu_lb:20170731104952j:plain f:id:mesitsu_lb:20170731105035j:plain f:id:mesitsu_lb:20170816143447j:plain

宿泊スペースはこのようにプライベートルームやドミトリータイプに分かれており、連日多くの宿泊客でにぎわっているそうです。

f:id:mesitsu_lb:20170816143814j:plain

このように上の段への昇降は階段状になっており楽ですね。

f:id:mesitsu_lb:20170731105123j:plain f:id:mesitsu_lb:20170731105137j:plain

館内のあちらこちらに、地元福岡の新進気鋭のアーティストによる作品が描かれており、そこはかとないおしゃれ感を演出しています。

一通り上のフロアの案内をしていただいた後、1Fの立ち飲みスペースでお話をじっくりおうかがいさせていただくことになりました。冒頭から抱いていた疑問点を早速聞いてみます。

── かなり本格的な宿泊施設ですね。酔って泊るという感じでもなさそうですが……。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。