ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

化学肥料に頼る農業に「待った!」立命館大学による「土の微生物や成分の見える化」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」

 

化学肥料と農薬に頼ってきた日本の農業に、待ったをかけるプロジェクトが動き出した――。

 

立命館大学は8月28日、都内で「農地の有機物バランスを整え、農作物の量と質を向上させる独自技術」と「同技術をベースにした研究開発・実証実験プロジェクト」の記者発表会を実施。

 

同大生命科学部生物工学科の久保幹教授が登壇し、日本の農業の現状、化学肥料に頼った農作物の危険性、独自技術「土壌肥沃度指標 SOFIX」の概要、実証実験の途中経過などを報告した。

 

久保教授は冒頭、日本の農業が化学肥料に頼る現実について言及。「日本は、1ヘクタールあたりに使用する肥料の量が世界一。即効性がある化学肥料に頼ることで、この50年間で、土のなかの微生物が激減した」と久保教授。

 

「化学農法で農地や体内の微生物が減ったのに対し、植物のなかの硝酸塩や残留農薬が激増した。たとえば有機農法によるレタスに対し、化学農法によるものは硝酸イオンが2倍に。栄養成分も減少する。肥料には、窒素、リン酸、カリウムが入るので、ミネラルやマグネシウムなどは有機農法の半分に減ってしまう。硝酸塩の多い農産物を食べると、ブルーベビー症候群やガン、アルツハイマー病などの発症率が高まるともいわれている」(久保教授)

 

久保教授らは、「19世紀以前は経験にもとづいた有機農業、20世紀は化学に依存した農業」とし、現代の「21世紀は科学にもとづいた物質循環型農業」ととらえ、化学・物理・生物の3要素のうちの生物にいる微生物に着目。土壌微生物量や、窒素循環、リン循環などを“見える化”した、土壌肥沃度指標 SOFIX(Soil Fertile Index)技術を開発した。

 

「SOFIX技術は、土のなかの微生物量や、微生物による窒素循環、リン循環を数値評価し、これまで難しいとされていた生物的分析を行えるようになり、有機肥料をつかった土づくりに、科学的な“処方箋”を出せるようになった」(久保教授)

 

土壌の微生物や成分を診断書で見える化

 

久保教授らは、土のなかの微生物量、アンモニア酸化活性、亜硝酸酸化活性の3要素を測り、土の現状を評価。さらに、水溶性カリウムやバクテリア数などの19項目による土壌診断で土を総合評価し、「あなたが所有する土の現状はこうですよ」というSOFIX診断書を提示する。

 

農業生産者は、「いま持つ土壌に、何が足りないか」がわかり、冒頭に掲げた「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」という目標に近づけていく。

 

今回の記者発表では、SOFIXによる収入倍増モデルのイメージも示された。これまでの化学肥料に頼っていた農法に対し、SOFIX診断による有機農法に変えることで、収穫25%増、付加価値25%増、労務費・肥料農薬費の合算額35%減が期待できると伝えていた。

 

土のなかの微生物や成分を“見える化”し、「土壌環境をよくし、低コストで、良質なものをたくさん穫る」というスタイルに向き始めた日本の農業。農水省などは現在、静岡県浜松市や山形県村山市、滋賀県草津市・守山市・米原市、千葉県富津市などで実証実験を行い、将来的にはマニュアル化・地域連携マニュアル化をめざして実績を積んでいくという。

 

 EARTH JOURNAL(アースジャーナル)
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

物々交換プラットフォームは日本でも広まる?旬になるかUbrLocal
異動する男性上司へ、気の利いたプレゼント6選
会社は危険がいっぱい!抑えておきたいハラスメントの種類
【きれたら終わり!】怒りをコントロールして評価される人材になるためのテクニック
【乱世を生きた戦国武将も精通?】ビジネスで役立つ、相手をコントロールできる心理テクニック

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。