体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。(vol.1vol.2vol.3はこちら)

愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目のことだった。ここまで約300kmを歩いてきた。アキレス腱や腰の痛みは増してきたが、湿布や塗り薬で耐えながら、なんとか歩き続けてきた。

江戸から35番目の宿場町・御油(愛知県)は、東海道随一の立派な松並木で有名だ。この町で泊めてくださったのは、福島さんというご夫妻だった。しかし初対面である。

「ご実家に泊めて
もらえませんか?」

「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか? じつはこのお宅、前回の記事のなかで「あー! 五十三次さんだ!」と叫んだ、静岡市のクラフトビール店「BEER GARAGE」の店員さんのご実家である。「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

あのとき彼がビールを注ぎながら、

「俺の実家も、東海道の宿場町にあるんですよ。御油っていう」

と漏らしたのを逃さなかった。

「え!? もし可能でしたら、ご実家に泊めていただけませんか?」

「泊まりますか? たぶん大丈夫だと思いますよ。ちょっと聞いてみますね」

という会話が、本当に実現した。しかし、奇跡はそれだけではない。

翌日に向かった岡崎市では、20歳の大学生が歓迎してくれ、実家に泊めてくれた。彼の名は、溝口哲也さん。「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

恐らく、日本広しと言えども「大学時代にスポンサーを集めて自転車でヨーロッパ12ヶ国を旅した男」は、ぼくと彼しかいないだろう。ぼくのブログに影響を受けてくれたという溝口さんは、2016年にスポンサーを集めてヨーロッパ5,000kmを自転車で走り抜けた。

2年ほど前にFacebookでメッセージをいただいたのがきっかけで、彼との交流が始まった。そして岡崎市に住んでいることを知り「1泊させていただけませんか?」と尋ねたところ、すぐに快諾してくれた。

ぼくは昔から、その土地に知人がいれば、泊めさせてもらえないか、ダメ元でも尋ねることにしている。地元の人と話すことで、その土地の理解がさらに深まるからだ。地名の由来や特産品、あるいはその土地ならではの文化・風習など、気になったらなんでも質問する。それが楽しい。

日本でクラフトビールを
つくるアメリカ人

「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか? 岡崎では、「Izakaya・Ja・Nai」という変わった名前のクラフトビール店へ行った。ここでは、シカゴ出身のオーナー兼ブルワー、クレイグ・モーリーさんの作るクラフトビールを楽しめる。「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

「家康B」 は、岡崎生まれの徳川家康の信念や生き方に尊敬の意を込めて作ったというビール。 原料には岡崎藤川町産のむらさき麦や、健康オタクでもあった家康が飲用した漢方「霊芝れいし」を使用しているという。

旅の思い出は
人の思い出

「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

15日目、ついに名古屋に着いた。

浪人時代の予備校の友人と再会し、名古屋のクラフトビール店で一番有名な「ワイマーケットブルーイングキッチン」を訪ねた。1階部分がビールの醸造所で、2階がレストランになっている。「東海道五十三次」を現代風にアレンジしたら、どんなゴールになるのか?

たくさんのオリジナルビールが味わえるが、イチ押しは、軽やかで華やかな飲み口のラガービール「ワイマーケットセッションIPL」だ。うまい。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。