ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが返り咲き、クラシックチャート1位、2位を独占

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが返り咲き、クラシックチャート1位、2位を独占

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、1位、2位は、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャートインとなり、2枚同時上位チャートインの記録を伸ばしている。CDリリース記念の追悼リサイタル全国ツアーが6月末にファイナルを迎えた後も、引き続き各メディアにて注目を集め上位をキープ。8月28日にはNHK『おはよう日本“けさのクローズアップ”』で特集され、今週は遂に再度トップに返り咲いた。

 3位にチャートインしたのはオットー・クレンペラー『ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番/交響曲第4番変ロ長調Op.60/交響曲第5番ハ短調「運命」』だ。1966年のベートーヴェンが完全初出のステレオ録音で登場し、ファンにはたまらない1枚となっている。また9位にも、アメリカに渡って活動した1934年から、戦後ヨーロッパに帰還し各国オケに客演した1963年までの録音を集大成した、驚異の72枚組ボックスがチャートイン。更に13位にも『モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲』がチャートインし、巨匠の人気ぶりを見せつける結果となった。

 4位と7位には、小説「蜜蜂と遠雷」のコンピアルバム2枚が同時チャートインし、こちらもチャートイン記録を伸ばしている。また14位にはハノーファー国際ヴァイオリンコンクールで史上最年少優勝を果たし話題になった三浦文彰のアルバムが、同ポイントでチャートインとなった。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番、交響曲第4番変ロ長調、交響曲第5番ハ短調「運命」』オットー・クレンペラー、ケルン放送交響楽団
4位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
5位『0歳からの育脳クラシック』
6位『ピアノ・カンタービレ!~グランドピアノが奏でる名曲クラシック~』横内愛弓
7位『蜜蜂と遠雷音楽集』
8位『ミケランジェリ、1972年11月2日ベルン・リサイタル』アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
9位『オットー・クレンペラー・コレクション~1934-1963』オットー・クレンペラー
10位『ベートーヴェン・リサイタル~《月光》《熱情》《告別》他』エフゲニー・キーシン
10位『浅田真央ベスト・オブ・スケーティング・ミュージック』

関連記事リンク(外部サイト)

9月11日付 【Top Classical Albums】
エフゲニー・キーシンが放った、渾身のベートーヴェン(Album Review)
ワーナー×東京藝大による【藝大レーベル】のイベントがApple銀座で開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。