体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【潜入レポ更新!】今年のテーマはフォトジェ肉! 「肉フェスTOKYO2017 秋」最新情報

【潜入レポ更新!】今年のテーマはフォトジェ肉! 「肉フェスTOKYO2017 秋」最新情報 肉フェスTOKYO2017 秋

9月14日(木)から18日(月・祝)まで、東京・駒沢公園で「肉フェス」が開催されます。

肉フェス TOKYO 2017 秋

3周年になる今年は、「フォトジェ肉」をテーマに掲げて非日常空間を演出。まるでグルメ旅行に来たような気分を味わえる日本各地の肉料理がズラリ!

肉フェスTOKYO2017 秋

\\\ うまい肉が食べた~~い! ///

ビッグイベントの噂を聞きつけ、開催前からヨダレが止まらない編集部のヤングコンビ、梶谷と藤井が早速取材に行ってきました。

今年も大盛況な現場からのリポートと行く前に準備することをまとめたので、当日スムーズに美味しいお肉を食べるために、ぜひ参考にしてくださいね♪

今年注目は肉フェス初参画の大型ルーキー!

肉バル Carne Tribe/幻のみなせ牛 秋田育ちの黒毛和牛ステーキ

肉バル Carne Tribe/幻のみなせ牛 秋田育ちの黒毛和牛ステーキ

東京ではCarne Tribe でしか食べられない「みなせ牛」が肉フェスにやってきた!

「みなせ牛」とは、A4・A5 ランクの脂と赤身のバランスが絶妙な幻の黒毛和種。秋田県湯沢市の畜産農家1 軒のみで育てられているんです。

肉バル Carne Tribe/幻のみなせ牛 秋田育ちの黒毛和牛ステーキ

見てください! このテヤッテヤなお肉を!!

噛めば噛むほど口いっぱいに肉の味が広がりました。

今回は、様々な部位をステーキで提供しているとのこと。

さあ! 狂おしいほどの肉への欲求、まずは「みなせ牛」にぶつけましょう!!!

ヤキニクバル NO MEAT,NO LIFE./ヤキニクバルの極肉炙り寿司 トリュフ仕立て

ヤキニクバル NO MEAT,NO LIFE./ヤキニクバルの極肉炙り寿司 トリュフ仕立て

肉を炙って美味しくならないわけがないですよね……。

こちらも初参画のヤキニクバルでは、極上の赤身肉を使った肉寿司が食べられます。

ヤキニクバル NO MEAT,NO LIFE./ヤキニクバルの極肉炙り寿司 トリュフ仕立て

お肉をサッと炙って旨味を瞬間的に閉じ込め、トリュフエッセンスで風味をプラスしているとのこと。

ヤキニクバル NO MEAT,NO LIFE./ヤキニクバルの極肉炙り寿司 トリュフ仕立て

鳥のささみが主食(安いから)の筆者、とろける極肉と贅沢に香るトリュフの組み合わせを生涯忘れないよう、しっかりと噛んで食べました……!

じゃらんのイチオシミートはこれだ!

私たちが食べたイチオシミートをご紹介♪

インスタ映えがとまらない!

満点シズル感の「フォトジェ肉」

ビストロ ボアドック/希少赤身肉カイノミの男前にんにくステーキ

ビストロ ボアドック/希少赤身肉カイノミの男前にんにくステーキ

突然のウマ顔で失礼しました。

しかし、こんな顔にならざるを得ない美味しさなんです!

ビストロ ボアドック/希少赤身肉カイノミの男前にんにくステーキ

フレンチのお店だから発想できた、希少部位のカイノミにマッシュポテトを絡ませるアイデア。柔らかくてジューシーで、もう優勝!

ビストロ ボアドック/希少赤身肉カイノミの男前にんにくステーキ

シズル感あるお肉とトロトロのマッシュポテトは、まさに「フォトジェ肉」。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。