ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

古地図にも載っている老舗豆腐茶屋

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月5日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分~)では、古地図を使って上野を散策する特集で、「根ぎし・笹乃雪」(東京都台東区)が紹介された。

江戸時代の古地図にもその名前が見られるこちらのお店は、上野寛永寺の住職となるため京都からいらっしゃった宮様にお供をして江戸に移り、江戸ではじめて絹ごし豆腐を作ったと言われている老舗。
今回は名物の「あんかけ豆富」(400円/税込)をいただいた。

「あんかけ豆富」は創業当時の味を守り続ける一品。当時から注文するとかならずふたつ一セットで出てくるのは、上野寛永寺の住職を務めていた宮様が「ひとつでは物足りないのでふたつずつ持ってきなさい」とおっしゃった言葉を今も守っているからなのだとか。

「あんかけ豆富」を一口食べた高見恭子さんは「んー!ああっ!」と声をあげた後息をのみ、「最初あんの出汁の味が来て、その後お豆腐のすっごいおいしい味が来る!」と大絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:笹乃雪(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日暮里のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:日暮里×和食のお店一覧
目黒でさんま三昧
銀座を一望しながらいただく ほうじ茶ソフトクリーム

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。