ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「渋谷から世界へ。」野宮真貴×H ZETTRIO、“元祖渋谷系の女王”と気鋭ピアノトリオが【東京JAZZ】のステージでコラボ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「渋谷から世界へ。」野宮真貴×H ZETTRIO、“元祖渋谷系の女王”と気鋭ピアノトリオが【東京JAZZ】のステージでコラボ

 今年で16年目を迎えた国内最大級の国際ジャズ・フェスティバル【第16回 東京JAZZフェスティバル】(2017年9月1日~3日に開催)。その二日目、9月2日にNHKホールにて、野宮真貴とH ZETTRIOという、渋谷ならではのコラボレーションが実現した。

野宮真貴&H ZETTRIO ライブ写真(全3枚)

 今年は有楽町から渋谷に場所を移した【東京JAZZ】。NHKホールと、隣接するけやき並木、ライブハウス(WWWおよびWWWX)、セルリアンタワー能楽堂、渋谷駅、センター街でのパレードなど様々な会場で、チック・コリア、リー・リトナー、ロン・カーターなどの大御所から、fox capture planやWONKなど、いま勢いのある若手アーティストまでもがパフォーマンス。3日間でおよそ11万6千人を動員した。

 【東京JAZZ】渋谷移転を記念して企画されたH ZETTRIO×野宮真貴のコラボレーション・ライブ。当日の夜の部の公演は「Shibuya to the world=渋谷から世界へ」をコンセプトに掲げて行われ、元ピチカート・ファイヴのヴォーカリストで“元祖渋谷系の女王”の異名で知られる野宮が起用された。

 洒脱でアヴァンギャルドなクラブ・ジャズをベースに、圧倒的なパフォーマンスで人気を集めるH ZETTRIOはこの日もパワフルな演奏を披露。H ZETT Mのテクニカルかつエモーショナルなピアノに、H ZETT NIREとH ZETT KOUのキレのあるベース&ビートが絡み、「Beautiful Flight」「Dancing in the mood」などの人気曲が、まるでクラブ空間にいるような迫力の演奏で届けられた。

 そして、H ZETT Mの「渋谷はまもなく7時ということは…」という前フリに続いて、ゴージャスなシルバーのドレスをまとった野宮真貴がステージに降臨。ファッショニスタとして知られる野宮らしく、ルックスでも圧倒的な存在感を示した。H ZETTRIOと野宮は「東京は夜の七時」をはじめ3曲を披露。「東京は夜の七時」の演奏が始まると客席から拍手が沸き起こり、フェスティバルのスペシャル・ライブならではの大きな盛り上がりを見せた。

 【第16回 東京JAZZフェスティバル】の様子はNHK-BSプレミアムにて10月7日・14日・21日の深夜3回に分けて放送予定。なお、野宮真貴は11月にツアー「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」を開催。東阪神ビルボードライブをはじめ全国各地でライブを行う。

◎公演情報
【H ZETTRIO with special guest 野宮真貴】
2017年9月2日(土)東京・NHKホール
出演:H ZETT M(pf/青鼻)、H ZETT NIRE(b/赤鼻)、H ZETT KOU(ds/銀鼻)、野宮真貴(vo)

<セットリスト>
SEVEN
Beautiful Flight
Next Step
あしたのワルツ
Dancing in the mood
Fiesta

(以下3曲はfeat.野宮真貴)
東京は夜の七時
男と女
スイート・ソウル・レヴュー

DERBY~栄光の道しるべ~
Wonderful Flight

◎放送予定
NHK-BSプレミアム
2017年10月8日(日)〔7日(土)深夜〕0:45~2:14
2017年10月15日(日)〔14日(土)深夜〕0:45~2:14
2017年10月22日(日)〔21日(土)深夜〕0:45~2:14

◎ツアー情報
【野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。】
2017年11月2日(木) 大阪・Billboard LIVE大阪
2017年11月4日(土) 福岡・博多Gate’s 7
2017年11月10日(金) 東京・Billboard LIVE東京
2017年11月11日(土) 東京・Billboard LIVE東京
2017年11月24日(金) 愛知・Blue Note 名古屋

関連記事リンク(外部サイト)

野宮真貴、新作アルバムに鈴木雅之/CKB 横山剣/高野寛のゲスト参加決定
野宮真貴、“秋冬の渋谷系ソング”を集めたアルバムを10月にリリース 週末イベントではボーナス・トラックを披露
渡辺満里奈、デビュー30周年記念企画盤ALのジャケット写真公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。