ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋の食材を使った限定メニュー、編集部オススメはコレだ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月になって、オフィスからの帰り道、夕暮れの早さに秋を感じる人も多いハズ。夏の終わりはちょっぴり寂しいイメージだけれど、実りの季節でもある秋。夏の太陽をいっぱい浴びて収穫を迎えた旬の食材で、さらに秋を満喫しよう。色々なお店で秋の食材を使った限定メニューを販売予定だが、中でも編集部おススメの3メニューをご紹介!早速試して、秋の到来を実感してみては?


1.ザ・キャピトルホテル 東急「ORIGAMI」の「マロンランチコース」
9月1日(金)~10月31日(火)、「秋の味覚とマロンフェア2017」を開催する、ザ・キャピトルホテル東急3階の「ORIGAMI」。ディナーでも秋の食材を使用したメニューが食べられるが、特にオススメしたいのが「マロンランチコース」。メイン料理をリゾットまたはカレーから選択可能。リゾットは、ローズマリーやクローブなどのハーブとともにローストした栗をアクセントに添えてある。カレーは、もち米を加えてふっくらと炊いた栗ごはんに、栗と8種類の野菜をじっくり煮込んで作られたソースをたっぷりと注ぐ、まさに栗が主役の一品。さらに栗の冷製スープとキッシュ、食後にはミニマロンパフェとコーヒーがついて、3800円(税・サ料込み)。お友達とのんびりとランチが楽しめそうなメニューだ。


2.リーガロイヤルホテル東京「ガーデンラウンジ」の「芋栗南京デザートプレートセット」
2つ目のオススメメニューもホテル内にあるレストランから。こちらも同じく9月1日(金)~10月31日(火)、1階「ガーデンラウンジ」にて秋の味覚を代表する芋、栗、南京(かぼちゃ)をテーマに「芋栗南京フェア」を開催。そして、例年フェアで女性に人気なのがこのデザートプレート。「さつまいものベイクドチーズケーキ」、「モンブラン」、「かぼちゃクリームのガトー」の3種類のミニスイーツを、少しずつワンプレートに盛り合わせてある。料金は、コーヒーまたは紅茶付きで2376円(税・サ料込み)。シェアして食べても楽しそう!


3.「アイボリッシュ」の「ティラミスマロン」
最後は、大人気のフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」の秋メニューをピックアップ。昨年までの「マロン」が、ちょっぴりオトナにバージョンアップ!コーヒーアパレイユを使用したフレンチトーストにマスカルポーネチーズをサンドし、トップにはマスカルポーネチーズクリームとマロンクリームをたっぷりと絞ってある。福岡本店、渋谷、海老名の全店舗共通メニューだ。レギュラーサイズ1800円/ハーフサイズ1200円、9月1日(金)から販売中。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。