ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

障害者という言葉の意味、考えたことありますか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
障害者

この記事を書いている頃はすっかりお盆休みを満喫してしまい,社会復帰できるのか不安になっております。ADHDの中には馴化(じゅんか)が以上に早い人がいるということを以前書きましたが,実際何もしない状態に慣れ切ってしまい,通常営業になれるかが当面の課題になっています。

馴化が早いうえにADHDであるため,子どもの頃も夏休みの宿題はもらってきた日(1学期の終業式)にやるんですけど,御多分に漏れず1時間もしないでやめてしまう始末。机の上に夏休みの終わる3日くらい前までそのまま放置されていました。

今回は自分や家族が障害者であることをどのように考えるかについて書いてみます。

障害って?

辞書で調べてみたところ「障害…正常な進行や活動の妨げとなるもの。」と出ておりましたので,ついでに「正常」も調べてみました。「正常…普通であり、変わったところがないこと。」だそうです。ということは,障害とは「普通であり変わったところがない状態や活動の妨げとなるもの」ということが出来ます。まぁ,確かにそうですね。発達障害は見た目は普通(美的な要素は省きます)ですけど,中身は変わってますから。普通ではないと言えるでしょう。普通の人が普通にできることが出来ないわけですし。

あちこちで言われていることなので今更感が満載なんですが,障害者という言い方は本来「何かをするときに妨げがある…すなわち障害を抱えている人」ということになりますね。ちょっと前に世間を騒がせた乙武さんの著書「五体不満足」なんてのがありましたが,満足かどうかは個人的な感じ方の問題ですので,「見た目不満足」とか「収入不満足」「彼氏不満足」「担任不満足」なんて言い方もできますね。これに対して「障害」は「知的」「身体」「精神」「発達」という具合に状態を表しているということになるんでしょう。それでも異論はあるんですけどね…。

発達障害…

自分を含め何らかの障害を抱えている方は「〇〇障害」とカテゴライズされることにイラっとすることがあるかなぁと思います。自分で前項で言ったのに「発達障害」って「発達」の障害なのか?なんて思ってますし。発達障害の具体的な問題は,社会性,コミュニケーション,こだわり,落ち着きのなさ,集中が続かない,文字が読みにくい,書けない,表情が読めないなどなどいろんなものがあります。これって発達?なんて思ったりするわけです。そのうち考えたいテーマではありますが。

障害の有る無し

障害を抱える子どもを持つ保護者の方と話すことが多いので,ちょっと精神的に参っている保護者は必ず「でも,先生のお子さんは障害児じゃないでしょ!」と仰います。ホントは子どもも僕と同様発達障害なんですけど,相談に来た保護者の方には言いません。変な方に話が行っちゃいますから。そういう時にふと思うことがあるんですが,例えばダウン症候群のお子さんは妊娠中に障害がわかります。学生によく出すテーマの一つにもなりますが「妊娠している子に障害があることがわかったら,生むか」ということ。皆さんならどうでしょう。

僕は,やはりこの辺が発達障害なのだなぁと思うのですが,障害がなく普通に生まれてきても「友だちにいじめられるんじゃないか」「いじめる側になったらどうしよう」「高校中退してフラフラするんじゃないか」「就職したのにすぐに首になっちゃうんじゃないか」「何か事件に巻き込まれるんじゃないか」「保証人詐欺にあったりして行方不明になったらどうしよう」なんて考えてしまうより,国や自治体,NPO等様々な人,機関,制度に守られて生きていける障害児者の方がいいんじゃないか,なんて思っちゃうことがあるんです。

自分自身,これまでかなり生きづらく大変な思いをしているのもあるのでしょうか。こんなことを考えてしまうことがあり,前述した相談に来る保護者へ言いそうになることもありました。まぁ,言えないんですけどね。

障害者という言葉の意味 まとめ

今回は「障害者であること」なんて大ぶろしきを広げてしまいました。お盆休みを満喫しすぎて文章の書き方を忘れてしまったかもしれません。もともとまとめが苦手なのに,まとまんないテーマを選び,まとめられないというドツボに…。

ホントは障害ってただの「妨げ」なんだから,人でも物でも制度でもテクニックでもなんでもいいからうまいこと使って,その「妨げ」を取り除けばいいじゃん! って話にする想定だったんですが…お粗末様でした。

(執筆 平泉(たいらいずみ))

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
LoveHandiの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。