ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初めての妊活は生活習慣の改善からスタート。毎日のウオーキングがストレス解消に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170225232512j:plain

26歳の時に今の旦那と結婚しました。

当時の旦那の年齢は28歳でした。そろそろ子供を本格的に作ろうとしたのは私が28歳でしたが、出来れば29歳の時に妊娠したいと考えて、それからは、どうやったら妊娠しやすい体が作れるのか、心の状態や体の状態について勉強を始めました。

まずは、本屋やインターネットで、妊娠をする為にはどんなことをすれば良いのかを調べました。当時の私は低体温で、酷い時には34.7度になる程非常に体温が低かったのです。

運動も得意ではないですし、食事も好きな物を好きなだけ食べるといった感じでした。

甘い物も脂っこい物も、自分の欲望のままに食べているようなタイプだったのです。ついでに、お酒も好きでした。幸い、体重は平均体重だったのですが、運動嫌いで暴飲暴食の為か、体脂肪率は30パーセントもありました。

このままでは自然妊娠は難しいかもしれないと思い、本にはとにかく体温を上げるようにと書かれていることが多かったので、体温を上げる為に生活習慣を見直すことにしました。 関連記事:日々の生活で体のためにできることを。冷え取り、運動、食事…初めての妊活で私が行ったこと

まずは、運動です。とは言え、生まれて一度も運動部なんて所属したことなんてありません。20代でも、階段を上り下りすれば息切れするし、非常に体力が無いことは自覚していました。こんな私でも、出来そうな運動と言えば「歩くこと」と思い、まずは散歩から始めました。

これには主人もよく協力してくれました。

平日は、仕事をしていることもあり、1人で散歩に出掛けるようにしていたのですが、休日になると、近所の公園や美術館に向かって30分程散歩しながら歩いて向かいました。

1人で歩いていると、つまらないな、と感じたり、疲れたら直ぐに休もうとしてしまいますが、主人と一緒に歩くということが、デートをしているような気分になれて、新婚当時を思い出して、凄く楽しめながら歩くことが出来ました。

毎日30分程度歩いていると、1カ月程度もすれば大分体力も付いてきました。

体重は変わりませんでしたが、体脂肪率も2パーセント減っていました。体温も相変わらず低いことは低いのですが、以前よりは冷えを感じにくくなっていました。実際に歩くようになってから、運動ってやっぱり大切だな、と実感するようになりました。 関連記事:夫の支えがあったから妊活も頑張れた。あの時一緒に歩いた道を今は家族3人で歩いてる

このような努力もあってか、無事に1年後には自然に妊娠し、出産することが出来ました。妊活の為に運動を進める医師は非常に多いようですが、運動が苦手な方はまずは歩くことから始めるのがいいかもしれません。

無理のない範囲で行うことで、ストレス解消にもなります。

f:id:akasuguope01:20170225232555j:plain

著者:まりこ_497

年齢:32歳

子どもの年齢:2歳

26歳で結婚し、経済的な理由と周りの環境を考えて29歳から妊活を行い、無事に自然妊娠と出産を行うことが出来ました。もともと生理不順であったり、職場でのストレスを非常に強く受けていたこともあり、自然妊娠は難しいとも考えていたのですが、母や主人が一緒に病院へ行ってくれたりと協力してくれたお陰で、無理なく妊娠と出産をする為の準備を整えることも出来ました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生理周期は6か月に1回。「このままでは妊娠しない」と言われた私が体質改善でやったこと
ヨガで妊娠しやすい体作り。カッチカチだった私の体が心地よくほぐれていく
念願の妊娠、もうすぐ12w

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。