ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

労働時間は減ってるのに売上激増!秘密は会議?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

労働時間は減ってるのに売上激増!秘密は会議?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「iction! QUOTE OF THE DAY」。9月5日(火)のオンエアでは、ある会社が2012年から進めている「楽しい”働き方”チャレンジプロジェクト」に注目しました。

次世代に残すべき企業を表彰する「ホワイト企業アワード」を2年連続で受賞しているソフトウェア開発会社「イーソル株式会社」。この会社では、2012年より「楽しい”働き方”チャレンジプロジェクト」という働き方改革を進めていて、そこから育児休業や定時退社、介護休暇など多くの働き方改革の制度が拡充されました。

その改革は、具体的な成果にもつながっているそうです。詳しいお話をイーソル株式会社管理部、澤田綾子さんにお聞きしました。

プロジェクトをスタートした2012年と2016年で比較すると、労働時間は減っているのに対し、売り上げは逆に増えているそう。「もう少し具体的に言いますと、2012年に関しては、年休の取得率は70%、2016年は81%ということで、10%以上増えているという結果です」と澤田さん。

そして、平均の所定外労働時間は、2012年は26時間だったのが、2016年には20時間と、6時間短縮されています。そうなると気になる売上の方なのですが、「2012年が50億円弱、2016年に関しては63億円。こちらも順調に伸びています」と驚きの結果をお話してくださいました。

年休の取得率が10%以上アップ、売り上げは10億円以上も上がっているというのはすごい成果ですね!

さらに、この「楽しい”働き方”チャレンジプロジェクト」からは、ユニークな社内会議のルール「3 meeting manners」が生まれたそう。どんなルールなのでしょうか?

「その1が『イイね! と言おう』。その2が『否定のみはご法度』、その3は『カッコつけるのはカッコ悪い』。この3つになります」(澤田さん)

シンプルですが、会議を活性化するだけでなく、会議時間の短縮にも繋がりそうです。さて、今回のお話から「労働時間の短縮が、業務・業績アップの最大の要因になる」ことがわかりました。長い会議をすることを避ける、これも労働時間短縮のアイデアです。それが売り上げのアップにつながったイーソル株式会社に倣い、これからの会議に「3 meeting manners」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。