ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

去る8月2日、世界は「Earth Overshoot Day」を迎えました。これは、地球が供給できるエネルギーを人間の需要が上回ってしまう日。以降は地球へ”借金”をしている状態だとされます。

環境に配慮するひとつの手は、車やバイクに乗るのを控えること。だけど、生活の一部になっているから、正直これらを手放すことは難しい。だとするならば、新しいエネルギー源を作り出すことが大切になってきます。

「光合成で取り込んだ
二酸化炭素が排出されるだけ」

どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

Photo by Jesse Kraal

デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとするバイク。複雑な工程を経て特別に作られたものではなく、オリーブオイルのように単に油を取り出したとのこと。

Peterは「海藻がバイクの燃料になっても、光合成で取り込んだ二酸化炭素が排出されるだけなので、その総量が増えることはない」とNew Atlasに語っています。どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

Photo by Jesse Kraal

ちなみに、ボディに使われているのは再利用された木材。「リユース」は、Ritsertのこだわりのようです。

砂浜に打ち上がっていたり、海に漂っていたりする海藻を使うというアイデアは、環境に気を使っている彼だからこそ、思いついたのではないでしょうか。Reference:Earth Overshoot Day,New AtlasLicensed material used with permission by Mans Maakt

関連記事リンク(外部サイト)

たった1リットルの「水」で、500km走れるバイクが登場!?
環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男
環境問題に警鐘を鳴らす「ゴミの動物アート」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。