ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

どうしても外食したいなら「ステーキ」にしろ!――忙しいビジネスマンが知るべき5つの「食事の知識」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バリバリ仕事をしようと思っても、健康でなければベストは尽くせない。そもそも、毎日を楽しく生きていくために健康な身体はマストだ。そして、その健康な身体づくりを司るのは、他でもない「食事」である。身体が必要とする栄養をきちんと摂取すれば、仕事や日々の活動のパフォーマンスは上がっていくだろう。f:id:k_kushida:20170901193301j:plain

そこで今回、110kgから40kg近いダイエットに成功し、在米中に米国で流行した様々なダイエットを試し、大学時代には総合格闘技団体・UFCのトッププロ選手と生活を共にし最先端のスポーツ栄養学を体験し学んだ私、マッチョ社長ことTestosteroneが忙しいビジネスマンが覚えておくべき「食事の知識」を5つ紹介しよう。

著者:Testosterone(テストステロン) マッチョ社長

1988年生まれ。学生時代は110kgに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い、40kg近いダイエットに成功する。大学時代には、総合格闘技団体・UFCのトッププロ選手と生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学び、自身も米国にてデビューを果たす。2014年よりツイッターを開始。3年でフォロワーが20万人を突破(2017年7月現在)。

完全無料のダイエット・筋トレ情報サイト「DIET GENIUS」、無料のアスリートメディア「STRONG GENIUS」の代表を務める。

著書に10万部を突破した『筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』(U-CAN)のほか、『筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術』(宝島社)、『尻トレが最強のキレイをつくる』(Miharuとの共著・U-CAN)、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』(KADOKAWA)がある。

Twitter @badassceo

1.避けたい外食。あえて選ぶならステーキ、焼肉、刺身

f:id:k_kushida:20170901192534j:plain

残念ながら、外食は基本的にしないに越したことはない。なぜなら、「美味しい」と錯覚させるために大量の油やバターなどを使用している可能性が高いからだ。そういった中身が未知数なものは避けたほうがいい。

特に男性に人気のハンバーグやソーセージなどのミンチが使われている料理には、大量の脂身が混ぜてあることや、調理時に大量に油が使われることがある。

料理に使われる油以外に、調味料にも要注意だ。タレやソースには砂糖が入っているので、炭水化物が含まれている。また、和食の味付けでよく使われるみりんや砂糖も炭水化物である。

使われている食材や調味料が見えにくいものは基本NGと考えたほうがいい。

それでも、もし外食するなら、ステーキや焼肉(塩で食べるのが◎)、刺身など、素材に近いものをおすすめする。

2.健康そうな「不健康食品」に注意

「身体によさそう」という理由で多くの人が摂っている野菜。しかし、生野菜のサラダにドレッシングをドバドバかけている人はいないだろうか。

ドレッシングの中には、大量の砂糖や油が使われている商品も多く存在しているから注意が必要だ。試しに、市販されているドレッシングの栄養成分表示を確かめてみてほしい。ドレッシングだけで数百kcalなんてことも珍しくない。

野菜といえば、野菜ジュースも要注意。健康を意識したり、野菜不足だからと気休めに野菜ジュースを飲んでいる人は多いはず。しかし残念ながら、商品によっては気休めどころか逆効果になっている可能性もある。

グラノーラやアサイーボウルなども同じ部類だ。健康的な朝食というイメージかもしれないが、砂糖たっぷりのデザートみたいなもんだ。

高GIだから血糖値が急上昇&急降下し「朝から元気♡」どころか、怠さや空腹を助長するはず。健康そうな「不健康食品」には注意して欲しい。

3.数字のトリックに騙されるな

消費者の健康意識が高まり、プロテインに対する関心も高まってきている昨今、商品名やパッケージに「プロテイン」と謳う商品も多くなってきた。気をつけてほしいのは、プロテインと書いてあるからといって健康的とは限らないし、十分な量が含まれているとは限らないということだ。

たとえば、「プロテイン6000mg配合!」なんていう飲料をコンビニで見かけたとしよう。よく考えてみればわかるが6000mgとはたったの6gだ。なんと巧妙な数字のトリックだろう。

単純計算だが、体重60kgの人が日に必要なタンパク質(120g)をこのドリンクで摂取しようとしたら、20本も必要になる。

実際のところ低脂肪牛乳のほうがタンパク質が多いのだが…。

含有量といえば、コンビニやドラッグストアなどでしばしば「○○入り」 「○○配合」と銘打った商品をよく見かける。○○にはコラーゲンやリコピン等、一般人に健康的と認知されている栄養素名が入る。

多くの消費者はそれを見ただけで「この商品は健康にいいに違いない」「美容にいいに違いない」と錯覚してしまう。

だが、大切なのは栄養素の名前よりも、その「含有量」だ。

それぞれの栄養素には効果を得るための最低限の含有量が存在し、「○○入り」と銘打った商品のほとんどはその含有量に達していない。要は商品を売るためだけに、摂取しても全く意味がない量の栄養素を入れているにすぎないのだ。

すべての企業が悪意を持っているわけではないが、あからさまにミスリードを狙ったものがあるのも事実。数字のトリックに惑わされないために、賢い消費者になろう。

4.アルコールはNG。どうしてもの1杯は「蒸留酒」で

f:id:k_kushida:20170901192733j:plain

第一に知っておいてもらいたいのは、アルコールも立派なカロリーであるということ。タンパク質や炭水化物が1gにつき4kcalであるのに対し、アルコールのカロリーは1gにつき7kcal。まあ、アルコールから摂取するカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、ほとんどが体温の向上に使われて消費される。そのため、アルコールが直接の原因となって太る心配はそこまでない。

だが、厄介なのは、いかに自制心の強い人間であろうと、酒を飲むとどうしても気が緩んで食べ過ぎてしまうことだ。

しかし、問題はそれだけではない。 食事から摂取したカロリーがアルコールのせいで効率よく使用されない可能性がある。

細かい話になるが、たとえば、肝臓がアルコールの解毒に手いっぱいになり、グリコーゲン貯蔵保存ができなくなることも考えられる。そして、その余剰カロリーは体脂肪になってしまう確率が高くなるのである。

悪いことは言わない、お酒は控えよう。…とはいっても、どうしてもお酒を飲みたいときや、飲まざるを得ないときもあるだろう。そんなときはビールや日本酒、ワインなど、糖質を含む「醸造酒」はなるべく控え、焼酎やウイスキー、ブランデーなどの「蒸留酒」を選んでみてほしい。大量のシロップが入っているカクテルや酎ハイなどは、論外だ。避けるべし。

5.ハイパフォーマーになりたいなら「低GI」を選べ

「GI」とはGlycemicIndex(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。 血糖値とは、血液内に含まれるグルコース(ブドウ糖)の濃度だ。グルコースは体内でエネルギー源となる重要な役割を果たしている。 f:id:k_kushida:20170905125417j:plain

炭水化物を摂取すると消化器官で消化・吸収され、図のように血糖値が上がっていく。その際、GI値が高ければ高いほど吸収が早く、血糖値が上がりやすくなる。血糖値が急激に上昇すると、正常値に戻すためインスリンというホルモンが分泌される。

人間は血糖値が乱高下したときに眠気や空腹感を覚える。

昼食後に急激な眠気やだるさに襲われたことがある人は多いと思うが、それは血糖値の乱高下によって引き起こされたものである可能性が高いのだ。

高GIの食べ物の代表例は、白米や食パン、うどんなど。対する低GIの食べ物としては、玄米、全粒粉パン、そばなどが挙げられる。おおまかな目安として「茶色い食べ物のほうが一般的に食物繊維も豊富かつ低GI」と覚えておこう。

GIの食品は消化に時間がかかるため腹持ちがよく、血糖値も緩やかに上昇するので空腹を感じづらい。また、血糖値の乱高下もないため、だるさや眠気も感じにくい。ダイエットや仕事のパフォーマンスを保つには、低GIの炭水化物のほうが圧倒的に向いているのである。

【参考図書】

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』

f:id:k_kushida:20170901192008j:plain

著者:Testosterone

出版社:KADOKAWA

関連記事リンク(外部サイト)

【マンガ】知ったかぶってはいけない「ビジネス横文字」
南栗橋、唐木田…「行き先表示」で目にする“あの駅”ってどんな駅?
【マンガ】ワンマン社長的 夏休みの過ごし方(16)

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。