ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スマホをHUDに変える最強カーアクセサリー「HUDWAY CAST」!前バージョンよりさらに進化して再登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ナビゲーションや速度メーターを浮かび上がらせ、車の運転をサポートするHUDWAY Glass。その進化版である「HUDWAY CAST」が、Kickstarterに登場。目標の2倍以上の金額を達成し、話題を呼んでいる。

・新たな機能が加わり鬼に金棒

このシリーズ最大の特徴は、スマホをHUD(ヘッドアップディスプレイ)に変身させられるところ。ダッシュボードに固定できるので、車体の揺れにも影響されず、安全に使用することができる。画面は、アクリル製の透明ディスプレイ。そこにスマホから投影された、カーナビアプリの映像が映り込む。ここまでは前バージョンと同じだ。

今回のバージョンでは、これまでのナビゲーションシステムに加え、電話の受信やテキスト送信、音楽コントロールなど多彩な機能を追加。鬼に金棒のアイテムとなった。

・価格は2万円以下

ディスプレイは、スマートフォンの画面よりも20倍明るく、晴れた日でも鮮明な映像を、フルカラーで投影する。明るさは自動で調整。画像の質は、スマートフォン画面の明るさに依存しない。

スマホの機種は選ばず、MiracastかAirplayに対応していれば、何でもOK.。ほぼすべてのナビゲーションアプリをサポートしているため、自分に合ったサービスを利用できる。アプリの設定から、WazeまたはGoogleマップに切り替えることも可能だ。

ながら運転防止の風潮とあいまって、最近はこうしたソリューションやデバイスが多く販売されている。中でもリーズナブルでシンプルな構造の本品は、入門者向き。余計な知識やオプションも不要だから、購入しやすいのではないだろうか。

Kickstarterでの公開は、9月29日まで。プレオーダー価格は、179ドル(約1万9000円)から。

HUDWAY CAST/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。