体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

窯焼きピザ20種が全て500円!「秋葉原500バル」で限界までピザを食べてみた【別視点ガイド】

f:id:matsuzawa7:20170823183227j:plain

世の中にはいろんなタイプの「食べたいのに食べづらい物」がある。

たとえば、カニ。

強固な殻にはばまれて、ハサミでバラすのも一苦労。

細い足から身をほじくる作業は、単純ながらも高い集中力を必要とし、せっせと手を動かさなくてはならない。

集中が続くと、必然、会話も途絶えてしまう。

食べれば確かにうまいけれど、ハイリスクハイリターンな投機商品と言える。

食べづらさのタイプはまるっきり異なるが、ピザも食べづらい物の一種だと思う。

ちょっと食べたいなと思っても、宅配ピザだと2,000円ぐらいとそこそこするし、1人で1枚いくのもしんどい。

かと言って冷凍ピザでは味気ないし、家で作るのもなかなか難しい。

f:id:matsuzawa7:20170823175557j:plain

▲秋葉原駅昭和口から徒歩2分「秋葉原500バル」

サクッと充たしづらいピザ欲を、みごと解消してくれるのが「秋葉原500バル」だ。

オープンは2016年7月。秋葉原駅昭和口から徒歩2分、ドカンと光ったPIZZAの電飾が目印だ。

その名のとおり、ほとんどのフードメニューが500円。

20種類あるピザも全て500円だ。

資本主義を生き抜くまともな社会人であれば「安いしどうせ出来合いだよね」と推測するのが道理だが、ここは注文を受けてから生地をのばして窯で焼く。

500円なのに本格ピザなのだ。

f:id:matsuzawa7:20170823175938j:plain

▲桑原店長

なにか裏があるに違いない。

桑原店長に本格ピザを500円で出せる秘訣(ひけつ)をたずねた。

「秘訣は無いですね。普通に原価高いですし。飲食店って原価30%と言われてるけど、うちは抑えきれてない。500円の理由? お客さまにそのぶん、おなかいっぱい食べてもらって満足して帰っていただきたいからですね」

秘訣はなかった。

単純に原価を高めて、500円で提供していた。

500円ならお財布にも優しい。どれだけ食べてもどうってことない。

どうせなら胃袋の限界まで食べてやろうと、朝からなにも食べずに来店した。

はたして何枚の500円ピザを食べられるのだろうか。

グッツグツのおいしいアヒージョも500円!

f:id:matsuzawa7:20170823182050j:plain

お通しはサラミ、生ハム、モルタデッラ。

f:id:matsuzawa7:20170823183618j:plain

▲アヒージョ 540円

ピザにとりかかる前に人気メニューのアヒージョを注文した。

グッツグツのアヒージョから湯気が立ちのぼり、オリーブオイルとニンニクのいい香りが食欲をそそる。

エビ・牡蠣・ヤリイカなどから1種類、マッシュルーム・トマト・ブロッコリーなどの野菜から1種類を選ぶ方式。

ブロッコリーとエビを選んだ。

f:id:matsuzawa7:20170823183738j:plain

バケットに汁をつけて一緒に食べるのもいいけれど、ピザの分を少しでも空けておくためアヒージョ単体で食べた。うまい。

あまりにもグッツグツだったから動画でもおさえた。

別府の地獄めぐりを彷彿とさせる。

ピザ何枚、食えるかな?

f:id:matsuzawa7:20170823180213j:plain f:id:matsuzawa7:20170823180939j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。