体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日帰り一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社五社めぐり

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
長野市戸隠にある戸隠神社は、長野駅からバスで約1時間の日本最高峰の聖地のひとつです。戸隠山は、天照大御神が隠れた天岩戸が飛んできたとされる地で、かつては比叡山と並ぶ修験道の霊場でした。

そんな戸隠山には、奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の五社からなる戸隠神社があります。少し遠いイメージのある戸隠神社ですが、都内から日帰りで行くことも十分可能。そこで実際に日帰りで戸隠神社へ行ってきました。

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり

朝一の新幹線に乗って長野駅へ

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
まず始発の北陸新幹線に乗って東京駅(6:16発)から長野駅(7:38着)へと向かいます。
長野駅から戸隠神社へはアルピコ交通株式会社が発行している「戸隠高原フリーきっぷ(2600円)」がお得です。このきっぷ一枚で長野駅から戸隠高原エリアへの往復料金、戸隠高原エリアの中での乗車料金(エリア内で何度でも乗り降りできる)、善光寺〜長野駅間の片道料金をすべてカバーできます。始発の新幹線に乗車すれば、8:27分発の戸隠高原行きのバスに余裕を持って乗車できるでしょう。

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
またアルピコ交通株式会社への行き方は、長野駅の善光寺口を出て、左手に歩いて行くとホテルメトロポリタンにぶつかります。そこからホテルに向かって右手に進んだ、道路を挟んだ反対側にあるので、迷うことなく見つけることができますよ。アルピコ交通株式会社のすぐ前が戸隠神社に向かう7番乗り場のバス停になっていて便利です。

まずは「宝光社」「日之御子社」へ。

苔むした灯篭、約270段の石段が風情のある「宝光社」

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
長野駅から最初に参拝したい「宝光社」へはバスで約1時間。バスを降りて、左手に歩いて行くと、鳥居が見えてきます。その鳥居をくぐると、目の前に風情のある杉木立に囲まれた石段が。気合を入れて、約270段ある石段をのぼっていくと、荘厳な社殿が現れます。

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
宝光社は天表春命(あめのうわはるのみこと)を御祭神とし、学問や技芸、裁縫、安産、家内安全、厄よけなどのご利益があるそうです。女性であれば一度は訪れたい神社だと言えますよ。ちなみに、石段をのぼるのがきついようなら、ゆるやかなのぼりの女坂から社殿に向かうこともできます。筆者はこの神社に参拝しただけで、気持ちがすっとしました。急な石段をのぼった甲斐があったのかもしれません。

樹齢500年を超える「結びの杉」がある「日之御子社」

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
次に向かったのは、「宝光社」から徒歩約20分の「日之御子社」。ひたすら上り坂を歩いて行くと、「日之御子社 」にたどり着きます。しかし、結構な坂道ですので、ほぼ1時間ごとに運行しているバスに乗車した方がいいかもしれません。筆者は歩いてしまいましたが、途中でバスに乗ればよかったかも? と少し後悔しました。足が疲れてきた頃にやっと「日之御子社 」に到着。この神社は、天鈿女命(あめのうずめのみこと)を御祭神とし、芸能や縁結びのご利益があると言われています。

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
また境内には樹齢500年を超える「結びの杉」があり、他の4社とは少し違った雰囲気でした。古事記によると、天岩戸開きの際に岩戸の前で天鈿女命が舞い踊ったとのことなので、神聖な儀式が行われる神社なのかもしれませんね。さらに神仏習合の際も、一貫して神社だったそうなので、言葉は少し変ですが神社らしい神社といった雰囲気が漂っています。

次はいよいよ「中社」「奥社」へ!

樹齢800年を超える「3本杉」あり、周囲には蕎麦屋が点在する「中社」

【日帰り旅一人旅も】行くだけでパワーアップできる、長野・戸隠神社の五社めぐり
「日之御子社 」を後にし、次に向かったのは徒歩約20分の場所にある「中社」(筆者は頑張って歩きましたが、バス移動ももちろん可能)。ここには樹齢700年以上のご神木と、樹齢800年を超える「3本杉」、社殿右手裏には滝があり神秘的な雰囲気でした。天照大神が天岩戸にお隠れになった際、岩戸神楽(太々神楽)を創案した天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が御祭神です。そのため、学問や試験合格、商売繁盛のご利益があるとされています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。