ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

守れ、スマホ! 宇宙服と同じ素材でできた“地球最強”のスマホポーチ爆誕!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スマホを使ううえで、もっとも注意しなければならないのが故障だ。

水没事故は携帯電話が普及しはじめた頃から多い事例であるが、画面が大きなスマホの場合は落下や衝撃による画面の破損などの事故もあり、ちょっとした「うっかり」によって大切なスマホを故障させてしまうことがある。

一説によると、スマホの画面割れがもたらす経済損失額は1,382億1,250万円にものぼるとか(株式会社ゲオの発表による)。スマホはほとんどの操作を画面で行うため、画面が破損してしまった場合は修理が必要になり、バキバキに割れてしまえば修理どころか、せっかく愛着のあるスマホを買い換えなければならないこともある。

スマホは画面も大きくなっているうえ、近々発売するとされているiPhone 8は全面ディスプレイになるとも言われているので、今後スマホを持ち歩くときの心配も増えそうだ。

そこで今回は、スマホをユーザーの「うっかり」による故障から守ってくれる“地球最強”のスマホポーチをご紹介したい。それがこのスマホポーチ「PHOOZY(プージー)」だ。

どこらへんが最強かというと……。

宇宙服のテクノロジーを投入!

なんとこのPHOOZY、宇宙空間の厳しい環境下でも宇宙飛行士を守るために開発された宇宙服のテクノロジーをそのままスマホポーチにしたのだというのだ。

たとえば、外側は宇宙服さながらの反射素材で、太陽光を90%防ぐクロムシェルを使用しているため、日照りの強い炎天下にさらしても紫外線から完全に守ってくれる。さらに、宇宙服のように寒さにも強く、このポーチに入れておけば摂氏マイナス29度まで保護するという。

耐久性という意味でも宇宙服レベルで、レイヤーが何層も重ねられた保護設計によって軍事並みの落下保護レベルを実現。スマホに直接当たる内側は柔らかい保護ライナーになっており、落として画面が破損するというリスクを減らしてくれるというわけだ。

また、完全防水ではないものの、ポーチ自体が水に落としても浮くように設計されている。防水対応のスマホなら、たとえば釣りのときに船から海に落としたとしても、素早く引き上げることができるというわけだ。

夏のビーチから冬のゲレンデまで、いつでもどこでもスマホを守る

機能やアプリが向上するにつれ、スマホはいつ何時も手放せない必需品となっている。宇宙服さながらの機能によってスマホを守ってくれる“地球最強”のスマホポーチPHOOZYなら、夏のビーチから冬のゲレンデまで、いつどこで持ち歩いても故障の原因である「うっかり」からスマホを守ってくれそうだ。

サイズは6.75×3.75インチと、7×4インチの2種類で各種スマートフォンに対応。価格は29.99ドル(約3,300円)。日本未発売だが、オフィシャルサイト(英字)から購入も可能だ(発送はアメリカのみ対応)。日本への輸入も期待したいところだ。

関連記事リンク(外部サイト)

Apple製品の「困った」を解消! 公式アプリ『Apple サポート』は”使える”?
「男子が”やられる”スマホケース」VS「女子が好むスマホケース」。その結果は!?
まるでジブリの昆虫型飛行機! 72のプロペラで飛ぶ「有人飛行ドローン」がスゴすぎる

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。