体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IBM BluemixとNode.jsでお天気通知! – Facebook Messenger Bot(2) / Botのベースを作成

今回作るもの

こんにちは、エンジニアのちゃんとくです。テクニカルライターとしてdotstudioに参加しています。

連載第2回の今回は、2016年に公開された話題のMessenger Platformを使ってFacebook Messenger Botを作りIBM Bluemixにホスティングしてみます。

下記のようにお天気を教えてくれるものを想定しています。

dotstudio-01

BotプログラムはNode.jsで作成し、IBM Bluemixで提供されているWeather Company Dataから天気情報を取得してIBM Bluemixにホスティングし運用します。

下記の構成で手順を紹介します。
IBM Bluemixの設定
Botのベースを作成
天気情報を取得
Facebook Messenger Botをデプロイ

今回はBotプログラムのベース部分作成を説明していきます。

IBM Bluemixの設定とデプロイ方法については前回の記事をご覧ください。

筆者の環境

OS X El Capitan(v10.11.6)
Node.js v8.2.1

Facebook Messenger Botとは

「Bot」とはプログラムの制御による自動発言システムのことです。連載第1回ではLINEアプリ上で動く「LINE Bot」を作成しました。

Messenger PlatformというMessengerアプリ開発のプラットフォームを使い作成していきます。

dotstudio-03

Receive/Send APIを使ってやり取りする形式で、LINE Bot開発の経験がある方はスムーズに導入できると思います。詳細はAPIリファレンスを参照してください。

Facebookアプリを作成する

まずは開発を始めるためにFacebookの開発者登録をしましょう。

Facebook for Developers

スタートからアカウントとアプリの作成を進めます。

アプリ名は後から変更できるのでわかりやすい名前をつけましょう。

作成できると、ダッシュボードに移動します。左の「製品を追加」タブから「Messenger」を選択しましょう。

Messengerプラットフォームに移動し、各種設定が行えるようになります。

Facebookページを作成する

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。