体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湯〜園地、シンフロは、なぜ愛されるプロジェクトになったのか。

湯〜園地、シンフロは、なぜ愛されるプロジェクトになったのか。

インタビュー内容に入る前に、まずは2本の動画を見てもらいたい。

温泉でシンクロ、というビジュアルインパクトもさることながら
大分県の「音」を集めまくって編集したBGMも大きな話題に。

100万再生で実現しちゃう、という市長の宣言とともに、
動画・クラウドファンディング・実際の開演まで長く話題になり続けた「湯〜園地」

どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の大ヒットとなったものだ。

その仕掛け人ともいうべきクリエイター、清川進也さんの話がまぁ面白かった。

彼の作品を語る上で欠かすことができない「音について」、はたまた「地方との関わりについて」、さらには「動画の仕掛けについて」など、ざっくばらんに話してくれた。

「記録音声ではなく、
 エンターテインメントとして残す」

湯〜園地、シンフロは、なぜ愛されるプロジェクトになったのか。

—— さっそくですが地方の「音」って、何が特徴的ですか?

「もちろん、田舎っていう場所にも人が住んでいて、そこには脈々と人々の生活の営みが続いているわけです。そういう人たちからすると『田舎の音』って言うのは『当たり前の音』なんです。

僕は環境音などを録り集めてメロディにすることを得意表現のひとつとしていますが、実はそういう様々な音は、普段そこに生活している人にとって、あまり意識していない音なんです。

たとえば信号を待っているときに鳴る音は、確かに聞こえてはいるものの『あ、鳴った』とフラグが立つような、アラート的な機能はないと思うんです。だけど仮にこの音がすべて無くなると、不安になる。

パブロフの犬みたいに刷り込まれてる音なんですね。暮らしに安心感を与えているんだと思います。極端に言うと、その街に根付く音、アイデンティティとなるサウンドだと思う。それを単純な記録音声としてではなく、エンターテイメントとして残すっていうことが今の時代においては重要なんじゃないかな、っていうのが僕の取り組みのコンセプトです」

—— たまに実家に帰ると、虫とか鳥の音がすごく意識的に入ってきますよね。たぶん住んでいた当時は気づいていなくて。

「僕も田舎育ちなんです。福岡県の飯塚市というところで生まれ育って、山遊びとか川遊びとかも、特別な環境だとは思っていませんでした。これが一回外に出たことによって、特別だったんだなっていう気づきがありました。

僕がやっている地方の音の取り組みは、まさにそれを機能的にしたもの。僕のような『よそ者』の視点と、地元の人たちの視点が相まって、その特徴や価値を見いだせるんじゃないかな、って思っているんです。

『あ、この街の音だな』と拝借していく。地元の人からすると『当たり前の音を、なんでこんなにフューチャーするの?』と。

でも、都会がないと田舎は成立しないわけですし、相対的な関係が必要不可欠だと思います」

「絵コンテはつくらない」

湯〜園地、シンフロは、なぜ愛されるプロジェクトになったのか。

—— 地方の方たちと取り組むとき、認識のズレは起きませんか?

「もちろん、たくさんありますよ! 大分のシンフロっていうPVでいうと、シンクロナイズドスイマーが温泉のなかで踊りまくるっていうのがインパクトがあって面白いんじゃないか、と提案をしたんですけど、地元の人にとっては、温泉以外にもご当地グルメやヒト・モノ、魅力はたくさんあると。せっかく作るんだから、映像のなかに盛り込みたい、そういう話が浮上したんです。

僕の立場でいくと、シンフロっていうひとつのコンセプトを貫いたほうが作品としては美しいだろうと。ただせっかく作るんだし、いろいろ盛り込みたいっていう気持ちもわかる。

そこで僕は、視覚的な情報で伝えるより、すべて聴覚で伝えてみてはどうか?っていう逆提案をしました。環境音を組み合わせることによって、ひとつのメロディが作れないか、と。

こういう話をすると、最初大抵の人はポカンとしちゃうんですが(笑)」

—— そこからどうやって説得して、理解してもらうんですか?

「よそ者の視点として、大分にどういう音があるのかをすべてテキスト化しました。オノマトペとか擬音も使って、キーワードを羅列するんです。『大分にはこういう音があって、そのすべてを録ろうと思っている。この音が記録情報ではなく、エンターテインメントになったとき、これまで当たり前に存在していた音が、ひとつのコンテンツとして仕上がっていくのを想像してみてください』っていうところから話し始めていくんです。

ただ僕の作るものは音だけではなく、最終的には映像の作品として完成させられるものなので、その映像をどう並べていくかということも、音を録りながら考えていきます。なので僕はちょっと特殊で、絵コンテを一切作らないんです。コンテ通りに録っていくと、最初に想像した以上のモノができないんですよね。

なぜなら、僕は知らないことだらけの街に『よそ者』として来ているわけですから、実際に体感することで知る新しい可能性みたいなものがたくさんあって、その色々なハブとかをその都度、分岐点として『あぁ、こういうやり方があるな』と、コマを進めていく。そういうスタイルでやっています」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。