体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で) そのうち、宇宙そのものを飲み込んでしまうかもとも言われているブラックホール。なんとなくすごいもの、とは認識していても、その生い立ちや死にまつわる謎については知らない人も多いんじゃ?ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

今回はKurzgesagtの動画から、どこかゆるりとしたイラストとともにブラックホールの謎について紹介しよう。ちょっと長いけど、これを読破したらブラックホールについて「話せる」人になってること間違いナシ!

01.
そもそも、どうやってできるの?

ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

ブラックホールは、小さなスペースに尋常じゃないほど大量のものを詰め込んだ時に生まれる。

例えば(これはありえない話だけど)、部屋に大量の洗濯物をつみ上げてブラックホールを作るシミュレーションをしてみよう。パンパンの洗濯カゴを部屋に隙間なく並べて、靴下一枚も入らないほどキツキツにする。部屋のキャパシティのMAXまで服が詰まっている状態だ。ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

そこに膨大な力を加えて無理やり靴下を詰め混んだ時、部屋は崩壊し、中心には無限大とも言えるほどに強い重力が生まれ、ブラックホールが誕生する(理論上はね!)。

たまに部屋にものが多すぎる時に「そろそろブラックホール生まれるかも…」とジョークを飛ばす人がいるのもこういうわけなのだ。ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

02.
どうして光も逃げられないの?

ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

「一回捕まると、光さえも逃げられない」と名高いブラックホール。でもそう言われてもどうして逃げられないのか、それなのになぜ周りすべてを一瞬で飲み込むことはないのか、イマイチよくわからない人もいるかも。さっき言った通り、ブラックホールの中心にはとてつもなく強い重力が生まれている。しかもこれは中心にいくにつれて強くなっている。

大きな滝のある川で、滝方面に泳いでいく様子を想像してみよう。滝は見えなくても気づかないうちに流れはどんどん速くなる。そして「逃げなきゃ!」と思った時にはもう手遅れ。どんなに頑張ってもおしまいなのだ。ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

これと同じことがブラックホールの周りでも起こっている。しかもブラックホールは光を反射しないし光らないので、目には見えず、宇宙空間にぽっかり浮かぶ闇の球体としてしか認識できない。もしも人が近づきようものなら、気づかないうちに手遅れって場合も多いかも。ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

03.
で、何が起こってるの?

ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)

そんなブラックホールでは何が起こってるの?というと、ここからが面白いハナシ。

実はもしもブラックホールに落ちても、「事象の地平面」という境界を超えるまでは何も起きない。さっきの話でいう「ここまで来たら絶対、滝に吸い込まれる地点」だと思ってもらえればいい。この境界面がブラックホールと周りの宇宙を分けている。

じゃあ、これを超えていざ吸い込まれて、原子レベルに分解された場合、そのあと中で何が起こっているのか?実はそれは誰にも絶対わからないのだ。こればっかりはいくら研究を進めたってどうしようもない謎。なぜなら一回吸い込まれたものは決して、光さえも戻ってこないんだから調べようがない。

がっかりした?でも中で何が起こってるかわからなくても、表面をよく見ることで、いくらかわかることはある。ブラックホールとかいう「ナゾ」の正体(ゆる動画で)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。