ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LINE wanna be Anchors、ミニアルバム『Braille』発売&新アー写公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

京都の艶ロックバンド・LINE wanna be Anchorsが11月1日に3rdミニアルバム『Braille』を“VIVO MUSIC”内のレーベル“Pandemic RECORDS”より第1弾としてリリースすることを発表した。全6曲が収録される今作は、2017年彼らが取り組んでいたツアーで手売りされていた会場限定シングルからYouTuberとのコラボが話題を呼んだ“欲望麻薬”をはじめとした3曲に加え、新たに3曲を収録。曲の振り幅が広く、受け取る人によって全く違う印象を持つことができる作品になっているとのことだ。
LINE wanna be Anchors (okmusic UP's)

また、リードトラックの“人生”は、彼らのこれまでの楽曲にはないシンプルなロックサウンドに自らの人生をテーマに歌い上げ、新境地を開いている。タイトルの“Braille”とは直訳で点字という意味。そこから転じて、曲という打たれた点同士を繋ぐ線を提案するのではなく、受け取る人それぞれが見えないものをそこに見出してほしいという願いが込められている。

さらに、本作を携えたリリースツアーのファイナルでは、キャリア初となるワンマンライブが大阪福島2ndLINEにて開催される。また、本リリースの情報公開に伴いVo.Gt.阿部の出身地、愛媛県の海をバックに撮影された新ビジュアルも公開されている。
『LINE wanna be Anchors “点と点”ツアー』
11月03日(金・祝) 阿倍野ROCKTOWN

11月17日(金) 下北沢LIVEHORIC

12月01日(金) 京都GROWLY

12月23日(土) 福島2ndLINE(ツアーファイナルワンマン)
ミニアルバム『Braille』
2017年11月1日発売

PDMC-0001/¥1,600+税

<収録曲>

1.人生

2.Sugar

3.No.2

4.ERROR

5.欲望麻薬

6.虹の向こう
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。